読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

子供を性犯罪から守るということについて。幼稚園児の輪に入っていく高校生の話。

http://www.flickr.com/photos/26211546@N03/8266562165
photo by Howard County Library System


先日夫婦間の性犯罪の認識のズレについていくつかの記事を拝見しました。
これってとても大切な事だと思います。

私は男ですがむしろ妻より過敏なくらいで、娘を一人でトイレに行かせるなんて絶対にありません。男性と女性でズレがある事に驚きました。

今回は夫婦間のズレの話ではなく、この関連の記事を拝見して思い出した事がありましたので書きます。

子供から目を離してはいけない。

何かあってからでは遅いと思っています。子供に安全ハーネスをつけるかどうか問題にも似ていて、周りから何を言われようと子供を守る為で親が必要だと判断したならばそうするべきだと思います。子供の人権が!と言う周りの人が自分の子を守ってくれると期待してはいけませんからね。但し、自分が楽をするためにというのはダメだと思います。

私は心配性なので子供から目を離さない方だとは思いますがそれでも子供が急に走り出してヒヤリとした事が何度かあります。間が悪かったら命を落とすこともあるかもしれません。

子供から絶対に目を離してはいけない、というのは本当だと思います。

最初は誰にでも挨拶しなさいと教え、次は知らない人と話してはならないと教えなければならないモヤモヤ

これは私の知人から聞いた話ですが、子供が話始めた時、だれにでも挨拶しようね、挨拶ちゃんとできて偉いね、と教えます。
しかしある程度大きくなってくると、今度は知らない人とは話してはいけませんと教えているそうです。

これは子供も混乱するでしょうし、何とかならないでしょうか。

幼稚園児の輪に入って遊ぶ高校生

なぜこのような事態になったかと言うと、同じマンションの住人の高校生の男の子が友人の子を含む幼稚園の子供たちの遊びの輪の中に入って一緒に遊んでいるそうです。

凄く子供思いの高校生かも知れませんが、そうでなかった場合のリスクを考えて遊ばせるのをやめさせたとの事です。

最後に

その時はへーと他人事のように聞いていたのですがいつかこのように教えなければならないのでしょうか?私の子供の周辺ではまだこのような事は起きていませんがどこにでもあり得る話だと思います。

いずれにしても、子供に何かあってからでは遅いのは確かです。

難しい問題で、まだ良い答えは出ていません。


2014/12/16追記:
※文中の高校生という表現は、全ての高校生を指すものではありません。

別の記事に追記しました。