日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

イクメンという言葉の違和感

f:id:hinatakokage:20140620165239j:plain

先日から他の方のブログ引用が連続していますが、本日このような記事を拝見しました。

イクメンの疲れが倍増する妻の言動 - ほう太パパの七転び八起きイクメンの疲れが倍増する妻の言動 - ほう太パパの七転び八起き

なんか挑発的なタイトルになってしまいましたが、グチることが目的ではなく、妻のこれこれこういう言動がイクメンである夫を疲れさせてる可能性がありますよ、という建設的...

この中でほう太パパ (id:houta30)さんも“イクメンという言葉はあまり好きではない”と言われていますが、私も好きでないというか違和感を感じます。

確かに、イクメンかどうかは別として、自分が一所懸命やっていると思っている時のまさかの妻の不機嫌、すごく驚きます。何が悪かったのか本当にわからない事もあります。そこがだめなんでしょうけど・・・。奥さんが家の中でずっと笑顔でいてくれるのが一番嬉しいですが、なかなかそうは行きませんね。難しいです。んーでも実際ずっと笑顔だとそれはそれで気持ち悪いかもしれません。感情豊かで良いという事にしましょう。

という訳で私も自分の考えをご紹介したいと思います。

家事と育児って、もともと夫婦の仕事じゃないかなと


私はそれほど家事・育児スキルを持っている訳ではありません。
(もっとやっている人が周りにたくさんいます。)
なのでできることをできる範囲でやります。

具体的にやっていることと言えば、

毎日やること
・毎朝の朝ごはんづくり
・ごみ収集・ごみ出し
・風呂掃除
・子供とお風呂で遊ぶ をお風呂に入れる
・子供の歯磨き
・子供を寝かせる
・子供と遊ぶ

毎日ではないがやること
・掃除
・洗い物
・洗濯
・食材など買物
・子供の髪を乾かす・歯磨き・耳掃除
・子供と出かける・遊ぶ

スキル不足等の理由でやらせて貰えない事
・洗濯物をたたむ → 私が畳むと綺麗じゃないので嫌らしい
・夕食をつくる → ここだけは妻がやるという事にこだわっているらしい。胃袋を掴むということかー!そうなのかー!


本来なら私もしなければならない家事・育児を嫁に代わりにして貰っていると思っていますので、休みの日にはできるだけ私が子供と接することにしています。家事もできるだけやります。
(実際には家事はいいから子供の相手をしてと言われることが多いです。)

育児を妻だけにさせておくのはもったいない。

子供はすぐに大きくなってしまいます。もちろん幸せなことですが少し寂しくもあります。

生れた時はあんなに軽かったのに、もう何時間も抱っこし続けることはできません。
抱き癖が付くよ。」なんて言いますけど、大きくなったら体重的に抱っこできないんですから、できる内は抱っこしてあげたいです。

今後も決して戻ることなく時間は進んでいきます。

おそらく小学校で友達と遊ぶようになると、休みの日に私と一緒に遊ぶ機会もだんだんと減ってくると予想しています。
そう。喜ぶべき親離れです。

子供が生まれてから小学校で友達と遊ぶようになるまで数年です。10年ないかもしれません。

その短い期間で父親が子供にしてあげられることは何でしょうか?

もちろん子育ては一生かもしれませんが、子供と最も距離が近いかもしれない10年です。

そんな風に考えると、毎日子供と過ごすのが楽しみで仕方がなくなります。

また、子供の想像力は素晴らしく、一緒に過ごすととても楽しいです。
こんなに面倒で、手間がかかって、超絶に楽しいことを妻だけに任せておくのはもったいないことだと思っています。

また、子供と二人で出かけている間、私は子供と二人だけの時間を持て、妻は一人でゆっくりできて一石二鳥です。

主婦の有休制度について

我が家では妻に有休制度を設けてあります。
以前にテレビかどこかで見て、これは良いかもという事で真似しました。
私が会社に有休届を出せばいつでも休めるのと同じように、いつでも妻が休みたい時に、一切の家事・育児をせず休んでもらうという事です。※但し給料が出る訳ではありません。

男は物理的に職場を離れることで仕事から解放されますが、主婦は家(職場)にずっと居て延々と仕事が続くので、気分の切り替えができないと言うか、解放された感があまりないのでは?と想像します。
そこであえて家内で有休制度を設定することで仕事と休みの線引きができるかな、と思っています。

おかげさまで我が家では好評です。

と言っても現実には私の仕事がある日に妻が権利を発動させることはないです。
もし発動されると、私も会社に有休届を提出することになります。

我が家もブラック企業ですね。無言の圧力があるのかもしれません。

あの時誓ったこと・・・。

そうです。おそらく結婚した人の多くはあの十字架の前でいろいろと誓ったはずです。

男なら、おぬしも武士のはしくれなら誓いは守りましょう・・・。と自分に言い聞かせてモチベーションを保っています。

ほとんどの女性は結婚するにあたって、これまでの自分の名前(家?)を捨ててこちらへ来てくれているという事です。ありがたい事です。いやーうちは継ぐほどの家柄・資産が無くて申し訳ない・・・。

家族みんな元気=しあわせ

結局私はこれで充分だと思っています。

元気と言ってもいろいろ解釈があるかと思いますが、気持ちが元気であること、体が元気な状態も人それぞれですが、その人の中で一番元気である状態でいることです。

さんまさんの“生きてるだけで丸儲け”と同じような感じです。

いかがでしょうか?

ちなみに会社の人とこの話をした時には、「何か宗教でも始める気なの?あとうちの嫁のいるところではこの話は絶対するな。」と言われたことがありますがそんなつもりはありませんのでご安心下さい。

みなさんのご参考?ひまつぶし?何でも良いです。何かのお役に立てれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

※2014/6/21 一部修正 申し訳ありません。誤字が見つかりましたので修正しました。有給 → 有休