日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

子育てという育成ゲームでプラチナトロフィー獲得を目指す! とあるゲーマーの子育て記録 その2

http://www.flickr.com/photos/33013215@N00/541764052
photo by digitalshay


ネットを見ているとしばしば現実というゲームについて言及されているのを見かけます。

以下、ちょっと長い引用です。

引用元:ニコニコ大百科 現実とは(http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%8F%BE%E5%AE%9F

現実とは、現時点で最高のグラフィックと音響、究極に複雑なAIと恐るべきランダム性を全て内包した史上最高難易度を誇るRTSゲームである。

美しい驚異的なグラフィックや映像とは裏腹に設備投資はごく最低限で済むが、その余りの難易度に脱落者が後を絶たない。

また、全ての人が生まれた瞬間からプレイを強制され、その代わり無料で遊ぶことができる。そのためプレイヤー人口がもっとも多いゲームと言われている。

MMOの側面もみせ、無料でプレイできる代わりにゲーム中の課金方式を採用している。課金をしなければ、アバターに服を着せることができず、家がボロボロだったり、アクセサリー数やアイテムが0になる仕様をとり、一部では不満が起きている。このため最も課金者数が多いオンラインゲームに認定されたこともあった。

ゲームの進行の仕方によって異ジャンルと混合する(例:自営業なら経営シミュ、兵士なら超リアル系FPS、スポーツ選手ならスポーツゲームバックパッカーならRPG、ポルノスターならフル3Dエロゲ等々)・コンティニューやリセットは絶対不可能という、他に類を見ない鬼畜仕様も特徴である。

しかしプロアクションリプレイは使えず、一部の限られたプレイヤーのみがチートや裏技を使えるが、それでも強制ゲームオーバーや苦痛を伴う強制イベントに巻き込まれることもある。なぜか他プレイヤーの行動が自分にも影響が来るので侮れない。セーブロード解析不可。

また、内容中に存在する「アニメ」「テレビゲーム」「パソコン」といったミニゲーム類、こちらは非常に面白く、むしろミニゲームに興じすぎて本編が進まないという人が後を絶たず、社会問題にまでなっている。

驚いたことに全てのプレイヤーにユーザー登録をした記憶が無く、詐欺なのではないかとの疑いが持たれている。そのため運営に対してNEET(Not in Education,Employment or Training)と呼ばれる抗議活動を行う者たちもいるが、その試みが成功しているとは言い難い。

私も1ゲーマーとして、子育てにおけるゲーム的要素を紹介したいと思います。全てのゲーマーが無事、幸せに子育てを終える事を願っております。

競馬ゲーム的要素

我が子自慢は痛いのですが、うちの娘は非常に良くできておりまして、“奇跡の配合”だったねーと妻と時々話をします。(妻もある程度のゲーマーです。)

私と妻は“難有り”の似た者同士だと自覚しておりますが、娘は順調に成長しております。

競馬ゲーで言うならば、どちらも大した馬ではないのになぜかG1馬が生まれてきた状態です。G1馬は言い過ぎですね。

実際、種付けの時に奇跡の配合になるように微調整しました。(うそです。)

出産後~1歳くらいまで

ここからは育成ゲームになりますが、とにかくチュートリアルがない!
当然ゲームオーバーになってもコンテニューはできないので慎重に進める必要があります。
最近のゲームはヌルすぎと思っている方におすすめです。

スぺランカーのように1面クリアも難しい程ではないにせよ、始めて赤ちゃんを育てる訳ですがこちらも親というジョブを一度も経験した事がない。更には夫婦共に植物を育てることすら苦手で、結婚祝いに頂いた観葉植物や、植木などをことごとく枯らしてきました。育てることに関しては全く向いていないという自覚があったので超不安でした。

RPGの主人公のごとく村人(両親や周りの人)に話しかけ、ヒントを集めてなんとか手探りで進めていきます。手探りで進めていく感じはファミコン時代のゲームのようです。

ちなみに初めてのボスとも言えるウイルス性胃腸炎は初見時、高確率で家族全滅します。まさに“かゆ うま”状態です。今調べたら正確には“かゆいうま”なんですね。どっちでもいいわ。
装備を事前に整え、攻略法を勉強されることをお勧めします。


ノロウイルスに関するQ&A|厚生労働省ノロウイルスに関するQ&A|厚生労働省


そんなこんなで子供も親が世話をしてくれることを理解してくると世話されスキルレベルが上がって世話をしやすくなり、親もおむつ交換時期判定スキルなどが上がっています。更にスキルレベルが上がってくると、子供を見ただけで交換時期が来ているかどうか判断できるようになる特殊スキルなどが解放されていきます。これは一例ですが様々な事に当てはまります。

また、同時に家事をする機会が多くなり、家事スキルもアップしてきます。

私はこの時期に“スーパーで買い物した時についでに他のお買い得商品の値段もチェックし、妻に必要かどうか確認スキル”と“料理しながら片付けもするスキル”を習得しました。
(でも男はマルチタスク関係が苦手ですね。私だけですか?)

子供がしゃべるようになったら

どこでもクイズゲームが始まります。簡単なクイズから理不尽な問題、哲学や禅問答までジャンルは多彩です。
その都度回答できるようにあらゆるジャンルの勉強をしていかなければなりません。

問題:この動物は何?→ よくあるやつです。

問題:(風呂場で)このお水はどこから来てるの? → 説明が難しいです。

問題:データベースって何? → googleの入社試験かよ。(データベースという単語は例です。急にとんでもない単語の説明を求められます。)

問題:娘「今考えている動物なーんだ?」 → 超能力者でないとムリです。

スカイリム的要素

スカイリムにおいて印象的だったシナリオに、親切者のグレロッドというのがあります。

ちょっとネタバレになりますが非ゲーマーの方向けに説明しますと、とある町で孤児を集めて養っており町では親切者と言われていますが、子供たちに聞くと奴隷のように働かされ劣悪な環境で暮らすことを強いられている事が分かるが、当人の言い分は行く当てのない子供を養ってやっているんだとの事で、主人公はグレロッドを始末して子供たちを解放するのかどうかの判断を迫られる、というものです。

スカイリムではこのようにシナリオ分岐が無数にあり、どちらでもストーリーが進行してくのですが、子育てにおいても常に選択を迫られます。

更にスカイリムなら最悪セーブポイントからやり直せますが、子育てはやり直せません。また、シナリオの結果が出るまで(成人するまで)20年くらい時間がかかります。長い。

完全にオープンワールドです。なんとシナリオ数もスカイリムより多いです。

恋愛シミュレーションゲーム的要素

これは息子には当てはまりませんが、娘なら運が良ければ妻と話している時にやきもちを焼いてくれます。

絶対にあり得ないと思っていた、「ちょっとー俺を取り合いしないでくれよなー」気分が味わえます。あくまで一瞬です。脳内だけです。

また、実際に恋愛に発展することはありません。実際に発展させてしまうと犯罪レベルが急上昇します。

まとめ

まだまだご紹介したいことはありますが今日はこの辺にしておきます。
プラチナトロフィーを取るべく日々奮闘しておりますが、トロフィー取得条件が全く公開されていません。

何が言いたいかって、子育てクッソ面白いよ!って事です。

なぜかって、子育てを楽しめるように遺伝子にプログラムされているんですよ。

人間は高度に発達していますので子育て以外で幸せになる方法も沢山ありますが動物であることも確かです。原始的な本能に従えば子育てを楽しむことができるんじゃないかなと思っています。

如何でしょうか?

駄文で長文をお読みいただきありがとうございます。

スネーク!健闘を祈る!

その1はこちらです。

とあるゲーマーの子育て記録 その1 - 日なたと木陰とあるゲーマーの子育て記録 その1 - 日なたと木陰

私はゲームが大好きなのである。そして自分でも親になるまで知らなかったが、子育てをすることも大好きなのである。先日の朝活の記事で書いた早起きして好きなことをすると...