日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

“家事をするようになった夫”の記事がこんな事になるなんて・・・ 返信など

http://www.flickr.com/photos/86603835@N00/19467848
photo by thejbird

皆さん連休は如何お過ごしでしょうか?
先日子供が熱を出してしまいましたので、大事を取って出掛ける予定を止め、アナと雪の女王のDVD(ブルーレイ?)を見ようと思っています。
ですが肝心のDVDがまだ届きません。もっと早く予約しておくべきでした。

昨日の記事、“家事を全くしなかった夫が家事をするようになった話”ですが、朝トピシュ (id:topisyu)さんよりコメント&ツイートを頂いてから右肩上がりでアクセス数が伸び、多くの方に見て頂いております。時々ちらっと見ながらこの記事を書いていますが今も見るたびに100ずつアクセス数が増えています。

家事を全くしなかった夫が家事をするようになった話 - 日なたと木陰家事を全くしなかった夫が家事をするようになった話 - 日なたと木陰

photo by nakagawa家事ハラ問題について、いろいろな方が言及されており、非常に興味深く拝見しました。私もこのテーマについていろいろ思う事があり、書...

はじめに

まずはトピシュ (id:topisyu)さん、読者登録して頂いている皆さん、スター、コメント、ブクマ・ブコメを頂いた皆さん、この記事をご覧頂いた皆さん、ありがとうございます。自分の書いた記事を皆さんに見て頂いた事が嬉しいです。

アクセス数とか

今日はアクセス数の伸びと皆さんからのコメントが嬉しくて興奮したのかちょっとお酒の回りが早かったです。

アクセス解析

f:id:hinatakokage:20140720034419p:plain

日付をまたいでしまったのですが、ブログを始めてからこの記事を書くまでの約1カ月半の累計アクセス数が600くらいだったと思います。
午前中に子供と遊びながらちょこちょこっと見ているとすぐにこれまでのアクセス数を突破しました。ネットの拡散力ってす、すげー・・・初めて実感しました。スクショの6/26辺りの4という数字のグラフが見えなくなってしまいました。

最終的にどこまで増えるのか分かりませんが、今のところ約12,000くらいです。

多くの方の目に留まり、いろいろなご意見・お考えがあるかとは思いますがとてもありがたいことです。

コメントへの返信

せっかく沢山のコメントを頂きましたので返信させて頂きたいと思います。
(全てに返信できないかもしれませんが、今のところ全て読んでいます。ありがとうございます。)
IDコールは迷いましたが、しない事にします。引用部分はコメント原文です。抜粋はしていません。

ひゅーひゅー!

返信済みです。

やっぱり子供の家事スキル習得って、親次第なんだなあ。

どちらが良いという話ではありませんが、私のように過保護な環境で育つと大きくなってから苦労します。しかし親に大切にして貰って幸せだったなぁという実感はあります。

ストックフォト多用するブログってハズレが多い印象なんですけど、これは面白かった!(←上から)褒めてみたんですがどうでしょう(そこじゃない)

上からでもなんでもOKです。というか上からじゃないです。感想(褒めて)頂きありがとうございます。嬉しいです。

この方の奥さんの実家のようなおうちは、昭和では少数派。。歩み寄るダンナさんいいですね。すでに私の夫より数段スキルが上です!

スキルは大したことないですよ。精進します。

夫と似てる。こちらの奥さんは引き継ぎや仕事の分担上手っぽくていいなあ。私はからきしだったから、夫にはまる偏屈な職人から技術を学びとる弟子のような苦労を味合わせてしまった。

“偏屈な職人から技術を学びとる弟子”あるあるですねw。職人気質の奥さん、師匠から技術を学びとった旦那さん、素晴らしいです。絵が浮かびます。

夫婦で認識のすり合わせをどうやったのか?どのくらい時間がかかったか?が知りたくなりました。夫婦が対立したり、(家事が不得手な)男性がやる気を失うことが多い気がするけど、男性側の言葉を見かけない気が。

どちらかと言えば今のご時世私が歩み寄るべきだというのはすぐに解りましたし、若かりし頃、祖母が亡くなってから途方に暮れる祖父を見ていて、妻がいつ死んでもせめて身の回りのことは自分でできるようになっておきたいという気持ちはありました。これについては長文になりそうなので1つの記事で書きたいと思います。

φ(..)メモメモ

メモありがとうございます。おかげさまでgoogleアナリティクスを見るのが楽しいです。

へー

コメントありがとうございます。うちの場合はこんな感じなんですよー

家事してると、休みの日はオフじゃないなーって最近気づきました!

私は自分で気づいたのではなく、一度妻に「今スイッチ切ってたやろ!」と注意を受けて気が付きました。ハッ!オフって仕事モードのスイッチを切るだけで電源切ったらだめなのね、とその時気づきました。

メモ

メモありがとうございます。

晩御飯何食べたい問題すごくうなずけます。

やっぱりよくある問題なんですかねー

夫に家事をさせるなら段階的に依頼するといいと思う。1.ゴミ出し 2.風呂掃除 3.洗濯 4.掃除 5.料理 って順番。 洗濯あたりは料理のように技術が必要ないからやりやすい。

そうですね。そしてそれぞれの作業にもレベルがあります。例えばゴミ出しならゴミのスケジュールや分別方法を把握する、ゴミの収集までやる。更に期限切れの食材を判断し廃棄する、などです。この作業にはどんなフローがあるのか想像・観察する。仕事でも役に立ちます。また、個人の適性もあると思います。私の場合、洗濯を畳むのが苦手です。どうせ着るのに畳むのが性に合わない。結果あまり上達しません。っていうか畳むのに上達って・・・。

夫(息子)視点の話。母親がいいのよーってやると、子のスキルが伸びない。妻が、喜んでくれるからってやると、夫のスキルが伸びない。実は得意かもしれないことをできる機会を与えられないのは、正直、気の毒に思う

んーそうですねー。良かれと思ってした事でも本人の為になっていない事は沢山あるような気がします。特に子育てでは手出しするのを堪える難しさがありますね。

妻へのラブレターだった。くそーっ!

そんなつもりで書いたのではないんですどねwスターが沢山ついてる。

夫として理想的なスタンスと言えるのではないでしょうか

いい旦那。全員こうだったら幸せなのにな

ありがとうございます。承認欲求満たされまくりです。電波の状態が悪く聞き取り辛かったのでもう一度大きな声でお願いします。

「まずは仕事の新人研修同様に、妻の横につき妻のやり方を見学することから始めました。」これすごくわかる。仕事と一緒。

そうですよね。家事をする事で仕事にも活かせることは多いです。

僕にはもう遅かったですねϵ( 'Θ' )϶

そうなんですか?今からでは遅いですか?

おー上手。この話、正直書けることあるけど危なっかしいからあんま近寄らんかった。ので、上手に書けててすげー!

ブログ初心者ならではの怖い者知らずでした。褒めて頂いてありがとうございます。

「妻はこのブログを見ることはないかもしれませんが、最後に、私は褒められて伸びるタイプです。宜しくお願いします」

大事な部分なので載せておきます。

食べたいものを聞いてるんじゃなくて何を作るべきか相談してるってのはまあそりゃそうだろという感。俺も家族から聞かれることもあるけど、気温やここ数日足りてなさそうな栄養素を考えて提案するかな、たまにだけど

そりゃそうだろと感じられる感覚をお持ちなのは素晴らしいです。バカ正直に食べたいものを答えた自分が恥ずかしいです。

「何食べたい」は諍いフラグなので材料と時間と労力という付帯条件を質問者は明示すべき→「うーん、じゃぁ適当でいいよ」→ドンガラガッシャーン(山の神激怒音

あるあるですねwヤバそうな時は外から探りを入れます。何系が食べたいかなー?とか子供に何が食べたいか先に聞くとか。

お互い気づいた方がやることになってるけど、割合は自分(夫)の方が多い気がする。

各家庭によって配分はいろいろですよね。大切なのはお互いが納得しているかどうかだと思います。

素晴らしい夫だね。それに比べて全く歩み寄ることのない妻ときたら。ダメ妻の紹介エントリかな?

ありがとうございます。妻が歩み寄らないのは私を成長させたいという深い愛情からかもしれません。(真面目か)
というか実際には歩み寄っていない訳でもないと思います。

「晩御飯なに食べたい?」は聞かれたほうも困るので「豚肉がまだ余っているんだけどなに作ったらいいかな」とか言うと真面目に考えてくれたりする。ただ相手もそれなりに料理出来ないとすんなり返ってこないけどね。

なるほど、参考にさせて頂きます。

「家事をすることで妻から褒められることを期待する夫」というものがイマイチ理解出来ないなぁ。

褒められることを期待している人は確実にいます。ここに1人。褒められるというか、自分のした事に感謝してくれたなら嬉しいという事ですね。

と朝までかかってもまだ書ききれませんので一度ここで終了させて頂きます。今もコメントが少しづつ増えて行っています。

それではお休みなさい。

只今の時刻 AM5:20