読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

虫嫌いと畑のミミズ

どーでもいい

http://www.flickr.com/photos/41284017@N08/10583409706
photo by USDAgov


一昨日この記事を拝見しました。

私が怖いと思う愉快でない昆虫ベスト3! - 空飛ぶ畳私が怖いと思う愉快でない昆虫ベスト3! - 空飛ぶ畳

 どうも、大人になってすっかり虫が触れなくなったカッパ三太郎です。 子供の頃はあれだけ触りまくって、捕まえまくっていた虫さんたち。そんな虫も...



私も虫が苦手です。妻も、子供も虫が苦手です。

まぁ子供に限っては親がこんな状態なので苦手になっても仕方がないですね。(何か良い克服方法があれば教えて下さい)

いちおう子供が「てんとうむしかわいいね~。」とか言ってた時は全神経を集中させて「お、おう・・・。」とか言ってみたりしていたものの子供にもバレていたのかもしれません。

そんな訳で家の中にゴキ様ことマッハJじゃなくてマッハGが出た時には大変なことになります。

どのくらい嫌いかって言うと、自宅はかなり築年数の経過した中古マンションをリフォームして住んでるんですけども購入時網戸が付いてなかったんですね。まず最初に網戸付けれますか?って聞きましたから。っていうか郊外の一軒家か都心部中古マンションかで悩みましたが、「虫の多い郊外に住めるとでも思ってんの?あぁ~ん?玄関とか窓にめちゃくちゃでっかい足の長い虫とまっててもそれ攻略できんの?」と私の中の人が問いかけてきまして、結局都心部暮らしにしました。

今もこの記事書いてるだけで今夜悪い夢でも見そうなんですが、そんな私にできる事といえばランゴスタをせっせと狩る事くらいです。それすらちょっと気持ち悪い・・・。

前置きが長くなりましたが昨年に友人の家族と一緒にどこぞの山へ芋掘りに行ったんです。

山、畑と言えば絶対切り離せないのが「虫」です。

案の定その畑ではあっちこっちにミミズが居てこれまたすごく元気なんです。うねうねと動いてすんげー生き生きしてる。都会で見るミミズの3倍速くらいで動いてる。マッハMです。

都会でもたまにミミズを見かける事はありましたがあれはほとんど死にかけのやつだったんだなと分かりました。

ところが、私も妻も子供も畑のミミズは不思議と全然気持ち悪くなかったんです。

むしろ元気そうに動いているミミズがいる事がすごく自然な感じがしました。

その時思ったんです。

あーそうか、今は私たちがミミズの住んでいるところにお邪魔してるから自然な感じがするのかなーと。

あの虫が嫌いっていう感覚は、プライベートゾーンに入ってきて欲しくないっていう事が由来だったんだって妙に納得したんです。

いやでも頼むからこっちに向かってこないでー。こっちも避けてるのに何でこっちに来んのよ?生存本能に逆行してる。ほんと勘弁して。