読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

飲み会にて

どーでもいい

http://www.flickr.com/photos/27670134@N05/5200218267
photo by QuinnDombrowski

先日、会社関係の知り合いと数人で飲みに行った時の話なんですけど、1件目を終えてもう少し飲みましょうかという事で2件目にちょっとおしゃれなバールに行ったんです。

終電まであまり時間がないにも関わらず周りの席には若いカップルやら女の子だけのグループも居て、学生時代こんなオシャレなところ来たこともなかったなーなんて思っておりました。

その席でその知り合いが結構な下ネタを話し始めたんですね。さわやか系下ネタではなく具体的すぎる方のやつです。

もちろん私自身はどんと来いなので問題ないんですけど、周りの席にはカップルや女の子グループが居る訳でして・・・。

下ネタが右耳から左耳へ通過していくのを感じながら、あーいずれうちの子供もあんな風に大きくなるのかなー、世間は狭いって言うけど、いずれはこんな状態を見られる可能性もあるのかな・・・なんて思っておりました。

フルスロットルの下ネタをしゃべる父親、聞く父親。あんまり子供としては見たくないですね。

気を付けよう、世間は狭い、そして繋がっている。下ネタを話すなら個室居酒屋やな・・・。

そんな事を考えた酔っ払いでした。