読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

履歴書はなぜ手書きなのか?人事担当者に聞いた、就職活動をより良くする為の5つのヒント

http://www.flickr.com/photos/124961070@N02/14561581102
photo by 드림포유


先日、人事の仕事をしている知人と話をしていて採用試験の事や採用する側は採用試験の時にこんなところを見ていると言うような話をしましたのでこれから就職活動をされる方向けにこの記事を書きたいと思います。

あくまでも私が話をしたのは1人、つまりサンプルは1社だけですのでここで書かれている事が正解かどうかはわかりませんが、何かのお役に立てれば幸いです。また、これをご覧になられている人事の方がご意見などして下さるのも大歓迎です。

では本題です。

なぜこんな記事を書こうと思ったのか、という話からです。

お互いに「採用」しよう。

知人いわく、就職する際には、就職活動される皆さんも会社を「採用」した方が良いという事でした。

確かに私の勤めている会社でも、「思っていた会社と違っていた」という理由で入社してすぐに退職していく新人がいます。せっかく入社しても思っていたことと違って退職するという一連の流れは、企業にとってもその方の人生にとっても金銭的・時間的ロスになります。(逆の考え方として全ての経験は無駄ではないというのもありますが、より理想に近い会社に入社することは、人生設計において大切な事だと思います。)

例えば、転勤したくない人が転勤ありの会社に入ってしまうと幸せにはなれないでしょう。

また、休みなんて要らないからバリバリ働いてお金を稼ぎたい!という人はゆるーい仕事で給料はあまり上がらないといったような会社では持て余すでしょう。

自分はどんな生き方をしたいか、そのためにどんな働き方をしたいのかを考えておくと良いかもしれません。
(休みが多い、少ない、転勤ある、なし、給料歩合制、年功序列かどうかなど)

また、OB訪問などをしている会社では積極的にしてみていろいろ聞いてみると良いかもしれません。

皆さんが自分にとっての良い会社を見つけ、就職して稼ぐ。税金を払う。それは勤務先の会社の為にもなり、大きな部分では日本経済の為になる事でしょう。

という訳で続きます。

人事はここを見ている!

1.履歴書は手書きで書こう。

履歴書の手書きは時代遅れ?もちろんそうです。しかし履歴書の手書きをして貰うには理由があるようです。
就職への意気込みを見ている?いいえ、それもあるかもしれませんが、違います。

・丁寧に書いた時の手書きの文字の美しさを見ている。

また、丁寧に書くべき書類で丁寧に文字を書けるかどうかを見ている。
(逆に筆記試験では急ぎで書いた時の文字の美しさ(汚さ)を見ている。)

・「手書きが一般的」という情報を取得し、実践できているかどうかを見ている。

(ある事に取り組む前に事前調査をし、一般的な(とされている)行動を選択するかどうかを見ている。)

・誤字・脱字がないかどうか

丁寧に書くべき書類で、誤字・脱字をしないかを見ている。また、チェック能力を見ている。

2.筆記試験は参考資料

筆記試験は点数ももちろん大切ですが、職種に応じて必要な問題が解けているかどうかも見られています。
例えば、経理や事務の採用試験で計算問題の桁間違いなどは致命的です。経理に入ってから桁間違いをしてしまうと会社が潰れる事もあります。営業職などではお客様が何を求めているのかを把握する能力が問われますので、読解力の問題を重視する場合があるかもしれません。

3.服装に気を付けよう。

・TPOに合わせた服装ができるかどうかを見ている。また、必要最低限の身だしなみができているかどうかを見ている。

人に迷惑がかかる服装は×そうでなければ○。
業界によって許容範囲が異なる。お堅い業界では派手だと思われてもアパレルだと地味だと思われたりするようです。

4.家を出てから家に帰るまでが採用試験です。

・壁に耳あり障子にメアリー

と少しふざけてしまいましたが、こんなエピソードがあったらしいです。

面接当日、面接の印象がすごく良かった学生さんがいました。
たまたま試験官が会社の近くのコンピニでその学生さんが携帯で話しているのを目撃したようです。

その会話の仕方がすごく口が悪かったので採用はなしになったとの事。

また、別のエピソード。

試験は高得点、面接も印象が良かった人物が二人いた。

一人は試験中の態度がものすごく悪かった(靴を脱いだり、貧乏ゆすりしたり)ので不採用に。(より態度の良かった方が採用された。)

試験に集中している時は、日頃の態度が出てしまいます。気を付けましょう。

試験・面接はストレスがかかるので早くホッとしたい気持ちはあるかと思いますが、家を出てから家に帰って扉を閉じるまで、せっかくなのでそこまで頑張りましょう。

5.Facebookは見られています!

このブログへお越しになるような方ならこの辺は大丈夫だと思いますが、一応書いておきます。
フェイスブックは実名なので検索される可能性が非常に高いです。
最近では最終まで残った人をFacebookで検索し、素行調査のような事をしているようです。

SNSやネット上に情報を置く事は何かの拍子に誰かに見られるかもしれないという事を把握しておきましょう。
逆に見られているので、日ごろから良い行いをして暮らし、それを公開することは就職にも有利かもしれません。

最後に

他にもあるかもしれませんが、私が今回話したのはこんな感じです。

では就職活動・転職活動は大変だと思いますが、良い会社に就職できますように!

仕事カテゴリの他の記事も良かったらどうぞー


仕事 カテゴリーの記事一覧 - 日なたと木陰


やりたい仕事が見つからなかった私の心に残った3つのアドバイス - 日なたと木陰