読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

最初の一歩を踏み出すということ

http://www.flickr.com/photos/43927576@N00/959860240
photo by sean dreilinger

皆さん、明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します!

とあいさつしておいて何ですが、喪中の方もいらっしゃるのでブログの明けましておめでとうは入れるべきかべきでないのか・・・と一瞬迷いました。(結局入れました。)

本当は1月1日の日付で記事を書きたかったのですがいろいろありまして出来ませんでした。
いろいろじゃない。単に妻の実家から帰ってきてそのまま寝てしまったという理由なんですけどね。

という訳で前置きはこのくらいにして、今回は“最初の一歩を踏み出す”ということについて書きたいと思います。

昨年2014年はブログを始めた年

昨年の5月末にブログを始めました。それまではずっとROM専(※ROM専=読むだけの人のことです。)だったのですがブログも書きたいなーと思いつつずっと実行に移せずでした。理由はハンドルネームとブログのタイトルをいつも決めかねていて、ブログ作成の一歩手前で止まっていたというのが理由です。

しかしその日は、これでいいかなと思えるものが思いついて今のHNとブログタイトルになっています。

ブログを書き始めて最初の頃は自分しか見ていないんじゃないか?という状態がしばらくありましたが今では信じられないくらい多くの方に読んで頂いています。(まさか数人の方がめっちゃページリロードしてるってことないですよね・・・)

信じられないというのは本当の本当の本音で、普通に働いて、普通に暮らしている平平凡凡な子持ちの人間の考えている事がこんなにも多くの方に読んで頂いているなんでえらい時代になったもんですねー。とROM専時代には決して思わなかった事を思っています。

どんなに凄い人も最初の一歩を踏み出したということ

例えばイチロー選手の偉大な記録も、最初の一歩があったから。

例えばソフトバンク孫社長も最初はみかん箱の上で社員へ1兆円企業になると宣言した。

例えば有名なブロガーさんも最初は自分しか読者はいなかった。

みんな同じ。最初の一歩を踏み出したから今があるんです。

“子育ては親育て”なんてよく言いますけど、言うのかな?(今思いついて書いたので本当のところはわかりません)子供は歩くようになるまで何度も何度も転んで、つかまれるものにはつかまってやっとよろよろと最初の一歩を歩くようになります。

そこから二歩、三歩と少しづつ歩けるようになっていきます。

その姿は全くスマートではないのに凄く美しいです。

私自身、年を取るにつれ失敗をしない方が良い。失敗するのは悪い事だ。といつの間にか思うようになっていました。間違える、失敗するのはスマートではないというか、かっこ悪いという部分もあります。

何度も転んで歩こうとする娘を見ていて、失敗しても良いんだ!誰だって失敗を繰り返してできるようになるんだ!と思うようになりました。子から親が学んだ瞬間でした。

このブログはまさにそれで、失敗も隠さず書いています。実際に読者の方で「あーこれやっちゃってるわ・・・」と思われたことが何度もあるかと思います。
スマートではありませんが、転んだりすることも含めて書く事で皆さんの何かのお役に立てたり立てなかったりすればそれだけで私が書く意味があったという事だと思っています。

最初の一歩を踏み出す為に“とりあえずやってみる”

とりあえずやってみるっていうのは大切なんだと今の年齢になってやっとわかりました。

だからもし何かを始めようかと迷っておられる方にはぜひやってみて欲しいと思っています。

失敗したらしたで良いんです。それが失敗だったと言う事がわかります。そしたら違う方法を試したり、別の事をすれば良いんです。

私も言葉では何度も聞いていましたが、歩けるようになる娘を見て、自分がブログを始めるまで本当の意味で理解していませんでした。

私はこのブログで何を“やりたい”のか?

これを改めて見てみました。
このブログについて 2014年8月版 - 日なたと木陰

この頃とあまり考えは変わっていません。(そりゃあそうか・・・。)

私が夜な夜なPCを立ち上げてブログをポチポチと更新している。私の空き時間ではありますが間違いなく人生の一部、寿命の一部です。

私は普通に働いて普通に暮らしているただの人ですが、ただの人でも皆さんが何か考えるきっかけになったり、厚かましい事を言わせて頂ければ皆さんの人生が豊かになるきっかけを作れたりすればそんなに嬉しい事はないと思っています。

思えば私自身そうなんです。どこかの誰かが書いた何気ない一言が強く心に残り、自分の考えを変える事になったりすることがあります。

何も上手くやろうとする必要はありません。ひとまず書けば、あとは読み手がそれぞれに自分の中へと消化して下さいます。書き手は素人でも、読み手である皆さんはプロです。

もう一つ言えば、この広いインターネッツの世界ではてなブログの中のこのブログをご覧になられる方はおそらく一定のネットリテラシーをお持ちなんじゃないかなと思います。つまりネット上のコンテンツの読み手の中でも特にプロです。違いますか?何かの間違いでここへ辿り着かれましたか?そうですか・・・。これも何かの縁ですのでぜひゆっくりしていって下さい。

最後に

2015年、最初の記事はこんな感じです。

私がこのブログでやりたいことは“どこかの誰かの人生を豊かにするきっかけとなる”です。

こんな頭の中お花畑みたいな事ですが、実はそんな風に思っています。

では良いお正月をー(^^)/





※失敗しても良いんです、のくだりはこの最近読んだこの本の影響を大きく受けて書かれています。