読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

子供のためなのか、自分のためなのか。

子育て 暮らし 考え方

http://www.flickr.com/photos/29487767@N02/2760457579
photo by alles-schlumpf


私はテレビは見ますがテレビに執着はなく、チャンネル権は完全に娘と妻に譲渡しており、妻と娘のチャンネル戦争を見ながらほっこりしています。

もっと言えば、食卓の私の席はテレビに背を向けて座る席で、テレビは見えないのです。その代わりに妻と娘がテレビに集中している間二人の無防備な横顔を好きなだけ眺めながら本日の一杯を楽しめるという特典もあります。


そんな感じで今日も妻チョイスのテレビ番組を見ていたら、「口唇口蓋裂」という先天性異常を持って生まれて来られた女性が紹介されていました。


口唇口蓋裂についてまずご紹介します。

外表奇形(がいひょうきけい:目に見える部位の奇形)の中で、わが国では口腔と顎に発生する先天性の形態異常には、口唇裂(こうしんれつ)や口蓋裂(こうがいれつ)がもっとも多くみられます。さらに顔の一部も裂けている斜顔裂(しゃがんれつ)、横顔裂(おうがんれつ)、耳や指の形態異常を合併した症候群もみられ、その程度はさまざまです。また、舌にもいろいろな異常がみられます。

引用元:日本口腔外科学会-口唇裂口蓋裂などの先天異常


この番組の中でこの女性の再現VTRを見ていてドキッとしたことがありました。

中学校で不登校になったこの女性が高校生になった時に親友と呼べるような仲間と出会うのですが、高校生活最後の年に手術を受けられるという提案がされた際にこの女性は手術を受けず高校へ行きたいと言い、ご両親と口論になったそうです。

手術は1年間を通して行われ、手術を受けると高校へは行けません。ご両親はこれで耳が形成されるので眼鏡もかけられるし、髪も耳にかけられるようになる、と説得されるのですが、この女性は人生で初めてご両親に反抗されたようです。

きっとそれぞれの家庭にはその中でしかわからない事があると思いますのでこのご家庭で起きた事に対して外部から何か言いたい訳ではありません。

ただ、この再現VTRを見て自分の行動を振り返ってドキッとしました。

親が子供のためを思って行動していると感じている事が、必ずしも子供の為になっているとは限らないという事です。(もう一度書いておきますがこのご両親の行動が間違っているとかそういう話ではありません。)

もちろん、私は常に子供の将来を思ってこれまでの自分の経験に基づいたベストと思われるアドバイスや行動をしていますが、そのタイミングによっては子供の幸福を満たしていない可能性があります。

小さな事で言えば、休みの日にはどこかへ出かけて、どんな遊びをしようかと計画したりするのですが子供に希望を聞いてみると案外「家の中で一緒にお絵かきしたい」とか言う訳です。

もちろん、寝る時間なのにいつまでも遊んでいられないとか、その時の子供の幸福だけを優先することが正解でもないっていうのがこれまた難しい。


最終的には日頃からの子供とのコミュニケーションが大切なのかな、という事と子供のふとした行動や反応から見られるサインを見逃さず観察するという事が大切なのかなと思った次第です。

最後に

今回ご紹介した女性ですが、ブログを書かれているようです。

口唇口蓋裂が広く認知されることと、同じ悩みを持つ方を勇気づけたいとのことですのでここでもご紹介することにします。

ameblo.jp


そういえば前にこんな記事も書きました。
化粧によって救われる女性って多いのかもしれません。

hinatakokage.hatenablog.com