日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

天野喜孝展 “想像を超えた世界”へ行ってきました。

兵庫県立美術館で開催中の天野喜孝展 “想像を超えた世界”へ家族で行ってきました。前置きが長いので、写真だけを見たい方は写真の部分までスクロールして下さい。

ここから前置きが始まります。

天野喜孝さんと言えばちょうどドンピシャの世代で、私も妻も(そして子供も)多大なる影響を受けております。それもそのはずです。

説明は不要かもしれませんが簡単にご紹介します。

天野喜孝 - Wikipedia


天野喜孝さんの仕事をされてきた歴史と、私や妻の育って来た歴史がかなり重なっています。そして今は私の子供もタイムボカンシリーズを見たり、やさいのようせいを見たりして親子で影響を受けています。

幼い頃竜の子プロダクションのアニメ、「科学忍者隊ガッチャマン」「みなしごハッチ」「タイムボカン」シリーズ「ハクション大魔王」などをご覧になられた方も多いかと思いますがこれらのキャラクターデザインをされています。

私がそのことを知ったのは成人してからでしたが、ファイナルファンタジーでモーグリのイラストを初めて見た時に感じた懐かしいような可愛さは、みなしごハッチなど竜の子プロ時代に描かれた絵が私の記憶の奥底にあるのも関係していたように思います。

ファイナルファンタジーでおなじみのあの雰囲気の絵と、ドロンジョとが最初結び付かなかったのですが、よくよく見てみると確かに通じているんですよね。そりゃあそうなんですけど。

ゲーム好きとしての話をするなら、ドラクエの鳥山明先生、FFの天野喜孝さん(←敬称はなぜか鳥山明先生は先生って感じがするなと思ったらおそらくジャンプの影響だと思われる)、このお二人の書かれた絵は私と同世代の方はもう記憶に強烈に刷り込まれていると思いますが、子供ながらにFFのイラストは大人っぽくて、神秘的でエロティックなところが好きでした。

この展覧会を知ったのも不思議な縁があり、まずは皆さんが驚かれた先日のAmazonプライムデーの目玉商品として天野喜孝さんの原画が6000万円割引の2億円で販売されていました。それでAmazonで天野喜孝さんの本を見ていて流石に2億は出せませんのでこれを買ったんですよね。



それで子供の図鑑を買いに本屋さんへ行った時に、本屋さんのカウンターに天野喜孝展のチラシが置いてあって目に入ったんですよね。それで「みんなで行く?」ってなって今回家族で行くことにしたんです。

子育ての視点で

今回子供(6歳の娘)も一緒に連れて行きましたが、天野喜孝さんの絵というのも良かったのだと思いますが、美術館に子供を連れて行くのはとても良かったです。

子供も“なんか静かにしないといけないっぽい、おりこうにしていないといけないっぽい空間”の雰囲気を感じていて、楽しみながらも大人しく絵を鑑賞していました。

そして、画面や本で見るのとは違って、実物の絵は鉛筆の線が実際に見えたり、金や銀色の絵の具がキラキラしていたり、絵の具の凸凹があったり、誰かが描いた痕跡が見えるんですよね。子供や素人でも凄さがわかります。親子で一緒に近くで見たり、離れて見たりして感想を言い合いながら楽しみました。

子供ながらに一枚一枚絵を見て「これかわいい」とか「これは寂しそう」とか感じるものがあったようで、親としてもとても興味深かったです。

そして料金が安いです。大人1200円、小学生以下は無料でした。これで2億円以上の絵が見られるんだから・・・いやそうじゃない。そういうことが言いたいんじゃないです。

上手くお伝えできているか分かりませんが子供を美術館に連れて行くのはおすすめです。というか、いろんな場所へ連れて行ったらいいんですよね。

写真で見る、天野喜孝展 “想像を超えた世界”

最後のコーナーは撮影が許可されていましたので、写真を撮りました。ちなみに写真は全てxperia Z3で撮影しています。リサイズしていますので画質は落ちていますが、結構ちゃんと撮れます。

もしご興味があれば、ぜひご自身の目でご覧になって下さい。


ババーン!これこれ!

f:id:hinatakokage:20150726223324j:plain

チケットデザインも何種類かありました。

f:id:hinatakokage:20150726223430j:plain

ちなみに外は快晴。神戸の海。こんな日に美術館へ行くのもまた良し。

f:id:hinatakokage:20150726223526j:plain

最終コーナー。

f:id:hinatakokage:20150726223630j:plain

絵は好きだけど知識はないので解説はできません。ただただ感動するだけ。

f:id:hinatakokage:20150726223744j:plain

f:id:hinatakokage:20150726223854j:plain

f:id:hinatakokage:20150726223921j:plain

f:id:hinatakokage:20150726223928p:plain

f:id:hinatakokage:20150726223938j:plain

f:id:hinatakokage:20150726223951j:plain

f:id:hinatakokage:20150726224038j:plain

f:id:hinatakokage:20150726225015j:plain

f:id:hinatakokage:20150726225024j:plain

携帯のスイングパノラマで撮影してみました。

f:id:hinatakokage:20150726225710p:plain

お土産コーナー。入場料は安いけどお土産を買ってしまう。

ドロンジョのポスターがかっこいい。

f:id:hinatakokage:20150726224124j:plain

画集

f:id:hinatakokage:20150726224157j:plain

ポストカード。種類が沢山あった。

f:id:hinatakokage:20150726224232j:plain

エコバッグ。

f:id:hinatakokage:20150726225114j:plain

ガチャも。

f:id:hinatakokage:20150726224300j:plain

まぁ子供がしたがりますよね。

f:id:hinatakokage:20150726224313j:plain

終了!とても楽しかった!

f:id:hinatakokage:20150726224334j:plain

お土産は他にもTシャツ、うちわ、スタンプ、お菓子、缶バッジ、クリアファイルなど沢山ありました。(※多すぎて全部は覚えていません)

購入したのはこれです。好きなものを飾って暮らします。

f:id:hinatakokage:20150726224623j:plain

最後に

撮影許可されていたのは一部ですので他にも素晴らしい絵が沢山ありました。

特に子供の頃から見ていて思い入れの強い作品ばかりでしたのでとても楽しめました。

皆さんもご興味があればぜひご覧になって下さい。

兵庫県立美術館で2015年8月30日まで開催中です。

amano-exhibition.jp