読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

自宅での作業の騒音対策に使うイヤホンの選び方と、おすすめの騒音対策

http://www.flickr.com/photos/96323831@N06/9511213674
photo by kohlmann.sascha

※最初に書いておきます。長くなりました。1万字以上の長文注意!

ここのところマイネオへMNPしたシリーズばかり書いていますがたまには特定の方へ向けた記事も、という事で今回は私がブログ執筆時にしている環境づくりについて書きたいと思います。

というのもマネーさん(id:MoneyReport)からこの記事で言及を頂きまして、これまでの恩返しになるかどうかはわかりませんが書いてみようと思った次第です。

moneyreport.hatenablog.com

恩返しというのもマネーさんにはブログ開始して間もない時からはてなブログの事、ブログカスタマイズの事を記事で勉強させて頂いて、我が家のスマホ代見直し計画の時にはお忙しい中相談に乗って頂いたりとお世話になりっぱなしであります。(その節はありがとうございました!)お金に関する記事をテーマにブログ運営されていますが、とても親切な人柄が見られる部分が好きです。

本来なら在宅ワークとかノマドワークする方におすすめの・・・としたいところなのですが、私自身に経験がありませんので自分がブログを書く時にしている騒音対策や仕事で使う場合を想定したイヤホンの選び方について書いていきます。ちなみに、私は普段深夜1:00~早朝にかけてブログを執筆していますので比較的静かな環境で書いているのですが、静かすぎて逆に集中できない事があります。

まずこういった記事を書く時の最初に必要な儀式をさせて頂きますが、オーディオマニアの方、音質にこだわりのある方が満足する内容ではありません。私を含めた音質にはあまりこだわらないなという自覚があるある方向けの記事です。(※私はケーブルを変えたり、電源について配慮したり、記憶媒体に拘ったり、空気を買ったりしておりません。)

イヤホンかヘッドホンか?

マネーさんの記事のブコメでも書いたように、私は密閉型のヘッドホンを持っていますがメガネをかけているせいなのか2時間くらいするとメガネのフレームとヘッドホンに挟まれて耳の付け根の上あたりが痛くて我慢できなくなってしまいます。後は夏場とか、夏場以外でもヘッドホンを着けていると蒸れます。それと重量です。イヤホンの方が軽い。(長時間使用しても負担が少ない。)

密閉型はこんなやつです。下記は例ですので、これを所有している訳ではありませんし、これを着けて痛くなったという話でもありません。むしろ欲しいヘッドホンです。

逆に私の妻はカナル型イヤホンのイヤーピースのサイズが合わない場合が多いらしく、イヤホンで耳が痛くなるようです。これについてはイヤーピースはサイズが複数ついているものがあったり、交換用のが売ってたりしますのでサイズを合わせる事で痛くなりにくくすることができます。

カナル型はこんなのです。耳の穴にぐいっと差し込むタイプなので、遮音性は高いですが、ポテチなんかを食べるとポテチをむしゃむしゃする音が頭の中を駆け巡ります。固いおせんべいを食べた日にはせんべいの音以外何も聞こえません。他にはイヤホンコードが服に擦れる音も聞こえたりします。

これも例です。このイヤホンに罪はありません。むしろ欲しいイヤホンです。

それぞれ違いはありますが私はイヤホンをおすすめします。

ブロガーなら、ワイヤレスじゃなくてOK

ブロガーって真面目な顔して言うのは若干恥ずかしいですが、ブログ執筆ァーならPCやスマホを開いている状態なので(つまり端末との距離が近い場合が多いと思われるので)、ワイヤレスじゃなくて良いと思うんです。

ワイヤレスじゃないイヤホンの方が安いものがありますし、充電時のランニングコスト(電気代・時間がかかる)とか、故障率とか、気になりませんか?(多分私がセコすぎるんだな・・・。)故障率については完全に決めつけですが、構造や装置が複雑になれば故障が増えるんじゃないかなという安易な考えです。

在宅ワーカー・ノマドワーカーならワイヤレス?

ワークスタイルによりそうですね。PC作業中心なら、イヤホンの線は邪魔にならないと思いますが、書類を作成したり、PCから離れて作業したり、ちょこちょこ動き回るような場合にはワイヤレスが合っていると思います。

我が家にもおすすめじゃないワイヤレスイヤホンはありますが、例えばこんな時に役立っています。

妻と娘がテレビを見ていて、私はその番組に興味がなく音楽を聞きたい。ついでにその間に洗い物とか、掃除とかをやってしまいたい・・・なんて時にはワイヤレスイヤホンを着けて作業をするとかなり捗ります。

ワイヤレスって使ってみるとぶら下がっている線がなくなりますので(←当たり前の事ですね・・・)これがかなりストレスを減らしてくれます。但し椅子に座ってPCで作業する時にはじっとしていますので線があっても邪魔にはなりません。

電話応対のレスポンスを重視するならマイク付きイヤホン

仕事の電話などがかかって来た時にすぐに対応する必要があるならマイク付きが良いかも知れません。
逆に作業中は集中したいので電話は自分のタイミングで着信をチェックしてかけ直す、とかならマイクなしで良いです。

例えば取引先と通話しながらPCで会話の記録をメモするとか、ノートにメモするとか・・・こういった作業が発生するならマイク付きが便利ですが、周囲に音が聞こえてもいいならスマホをスピーカーに切り替えてもハンズフリーで会話できますからね。

ですので、電話応対のレスポンスを重視するならマイク付き、そうでないならマイクなしをおすすめします。

耐久性が必要かどうか?

私は物持ちが良い方です。自分でもそう思いますし、周囲からも物を綺麗に使うねと良く言われます。ゲームについているアンケートハガキを売りに出す時まで保管しているタイプです。ゲームのパッケージに直射日光が当たらないように保管するタイプです。これまでに多くのエリクサーと世界樹の葉を残したまま生きてきた人生でした。最近はエリクサーを使ってから死ぬような人生でありたいと思っています。

イヤホンは通勤時にも使いますのである程度雑に扱いますが、それでも長持ちしています。人によりますが、私の知人でもイヤホンをよく断線してしまう人、キーボードのエンターキーがターン!して外れてしまう人、携帯のパカパカがガバガバになってしまう人なんかもいますので求められる耐久性も人それぞれだと思います。

ちなみに今使っているイヤホンの1つは高校生か大学生の頃に買ったイヤホンです。買うたびに増えていきます。

で、結局おすすめのイヤホンは?

在宅ワークやノマドワークといってもワークスタイルによって選ぶ内容が変わってきますので特定の商品をおすすめする事は難しいです。
ここであえて選びますが、私はこれで良いと思っています。価格は執筆時点で1000円でおつりが結構返ってくる価格です。これでいけるならこれで良し、ダメでも他のに移れる価格です。

耐久性が必要ならこれがおすすめです。価格はちょっと高いですが耐久性はあります。線が太くて多少荒く使っても大丈夫です。大阪レベルの(東京程ではない)通勤ラッシュには数年耐えてます。但しamazonのレビューを見ると偽物が出回っているようですのでおすすめに入れるか迷いました。家電量販店で買う方が良いかも知れませんね。

線の長さが足りない!

それでもデスクトップPCの本体から微妙に線が届かない、なんていう場合には延長ケーブルもおすすめです。私のPCはノートなので延長ケーブルは不要ですが、深夜にテレビでゲームしたり録り貯めたテレビ番組を見たりする時には延長ケーブルを使っています。そうすればゴロゴロしても線が引っ張られることはありません。

騒音対策:何を聞いて騒音対策するか?

http://www.flickr.com/photos/91195268@N00/3399561176
photo by stephen.butler


思ったよりかなり長い記事になってしまっていますが、これが本番。肝心の何を聞いて騒音対策をするのか?という事です。

私は音楽が好きで、昨日もブログの記事を書いていたのに気が付けばGoogle Play ミュージックを立ち上げておまかせMIXの一曲目を聞いて、あれ?そういえばあの曲・・・となってyoutubeへ移動し、関連する動画で音楽を聞いていたら朝になっていました。ブログを執筆していた筈なのに気が付けばamazonでライブDVDを購入していました。そう、試験前日の夜に古いジャンプが気になって仕方がなかったあの頃と何も変わってないんです。やっぱり大人は子供が思っているほど成長していないんです。

話が逸れましたが、私の場合、音楽を聞くと作業効率が下がるんですよね。

それで辿り着いたのが環境音です。これを思いついたのは何かの記事で読んだのですが、テレビでずっと暖炉の火が燃えている映像を流しているチャンネルがあるらしく、それがもの凄く人気があるようです。(今調べ直したら少し違ってました。これでした。)

関連記事:http://gigazine.net/news/20131227-fireplace-for-your-home/

これじゃなくても、Youtubeで「Fireplace」や「焚き火」などで検索すると沢山焚き火動画が出てきます。焚き火と言っても良い焚き火サウンドと良くない焚き火サウンドがありますので、ぜひご自身で聞き比べられることをおすすめします。たまに本当の火の起こし方動画がヒットしますが、これはこれで見ごたえがあります。(←但し作業は完全に停止します。)

他には浜辺の音、森の音、川のせせらぎ、夜の音(深夜に執筆しているのに夜の音聞くって何なん?)、逆に騒音を聞くと落ち着く人向けには喫茶店の音、空港の音、街の音なんかもあります。ガヤガヤ系の音は私には合いませんでした。

ここに動画貼ると重くなってしまいますので止めておきますが、「環境音」や上記のキーワードなどで検索してみて下さい。

私のおすすめはやっぱり焚き火の音です。

ブログを書くには特に合っていて、私の場合、今もそうですがブログを誰かに話すようなイメージで書いています。夜に焚き火を囲むと話が弾みませんか?そんな感じで焚き火の音を聞きながらブログを書くと不思議と筆が進むんですよね。集中力が切れて来たら明々と燃える炭を見てしばらくボーっとするのも良いです。

スピリチュアル的な要素がある話かもしれませんが、人間が昔から火を使って生活してきた事と関わりがあるような気がします。

これのデメリットとしては、実際にキャンプへ行きたくなる事です。キャンプ行きたい。熱を感じたい。

最後に

かなり長くなりましたが、こんな感じです。

私がおすすめするイヤホンは線ありのカナル型で、紹介した2点、騒音対策には焚き火の動画などの環境音です。

基本はあまりお金をかけず、どうしても欲しくなったらお金をかける、というので如何でしょうか?

この記事がマネーさんと、皆さんのお役に立てば幸いです。


全てのノイズは音楽という考え方も。ブログにも当てはまる。私には音楽だったのあなたにはノイズでも。