読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

格安7インチタブレット・BLUEDOT BNT-71W 実機レビュー&評価 その1 外観はどんな感じ?

android タブレット

前回の記事の続きです。

BLUEDOTのキャンペーンに当選し、このレビューを書いています。前回の記事にも書きましたが私にできる事と言えば率直な感想を書く事だと思っています。良い所もダメな所も書いた上で、皆さんが購入を検討される際の判断材料となれば幸いです。

では早速行きます。

7インチの格安タブレット BLUEDOT BNT-71W

前回の記事でも触れましたが、7インチのタブレットで税込み7,980円というのは安価な部類に入ります。

価格帯について

今回発売されるBNT−71Wですが、価格が税込7,980円との事からだいたいのどのくらいの位置付けなのか調べてみました。
価格.comで7~8インチタブレットの価格を調べると、6,570円~123,000円くらいでした。(windowsタブレットはどちらかと言うとPC寄りかな?と思いましたので今回は比較から外しました。)

ピンキリですが、価格を見ますと安価な部類に入ると思います。
引用元:BLUEDOTの7インチタブレット、BNT−71Wのモニターキャンペーンに当選しました! - 日なたと木陰


皆さんが判断される際にもぜひ格安タブレットであるという事を加味して頂きたいです。

そりゃあ1万円以内のタブレットと3万以上のタブレットではスペックが違って当たり前です。

税込み7,980円の価値があるかどうか、また、格安タブレットだからこそできる使い方と言うのもあります。洋服でも、お出かけ用と普段着と使い分けますよね?そんな感じです。

私も今回は気合を入れて格安タブレットの使い方を考えました。具体的な使い方については追って記事を書きたいと思いますが、これは良いですよ。

いざ、開封!

いざ開封!の前に内容物の確認です。

f:id:hinatakokage:20151114045517j:plain

本体・USBケーブル・取扱説明書・保証書が同梱されています。

箱はこのような紙製の箱です。モニター用の製品なので、発売されている正式な商品は違う箱の可能性があります。

じゃあ行きますね。私も実機を頂いてレビューをするのは初めてです。ドキドキ。って書いたけど今は朝の5時なので真顔でこの記事を書いています。


後で気が付きましたが、上下反対でした。ロゴが逆向きです。

f:id:hinatakokage:20151114050341j:plain


パネルは光沢があります。表面はガラスではないのかな?

f:id:hinatakokage:20151114050546j:plain


2015年製、Made in China、モデル名BNT-71Wの文字。黒塗り部分は大事そうな番号が入っていましたので私が画像を塗りました。

f:id:hinatakokage:20151114050951j:plain


上部なのか下部なのかわかりませんが左から電源ボタン、ヘッドホン端子、microUSB端子、謎の穴、ミニHDMI端子、その上にあるのはmicroSDカードスロットです。謎の穴はアダプターをを挿すような形状ですが説明書に記載がありませんでしたので謎の穴です。
また、SIMカードスロットはありませんのでWi-Fi環境で使用する事になります。

f:id:hinatakokage:20151114051258j:plain


フィルムで保護された状態で届きます。

f:id:hinatakokage:20151114052621j:plain


USBケーブルだけが付属していて、ACアダプターは別売りです。
型番は違いますが5V 2Aのアダプタが使えるようですので公式サイトのこれが使えそうです。
↓リンク先は公式サイトです。
BNT-AC2 | BLUEDOT STORE

f:id:hinatakokage:20151114052719j:plain


説明書・保証書

説明書は公式サイトでダウンロードできそうですが、記事執筆時点ではこのモデルのマニュアルはありませんでした。

今後ダウンロードできることを期待して先にリンクを貼っておきます。本体の中に入れておけば便利ですね。

↓公式サイト
取扱説明書 | BLUEDOT株式会社

と思ったらこの機種のページにダウンロードリンクがありました。

↓このページの中央より少し下にダウンロードリンクがあります。
BNT-71W | BLUEDOT株式会社


f:id:hinatakokage:20151114053121j:plain


電源を入れていきます。これが結構難しい。他のレビュー記事を書かれている方々はどうやってるんでしょうか?これでもまだ良い方で、高確率でメガネをかけたおっさんが写り込みます。角度調整が難しいです。

ちなみに初めてのレビューなのと当選したのが嬉しかったので今回このような機会と機械を与えて下さったBLUEDOTさんの公式サイトを色々チェックしました。BLUEDOTという社名は、“宇宙から見た地球は青い点であり、生命の存在する点である。”という意味だそうです。これ豆知識な。確かにいくら手斧を投げ合おうと、宇宙から見たら青い点にしかすぎませんね。みんな仲良くしましょう。

f:id:hinatakokage:20151114053354j:plain


そうこうしている間に起動しました。相変わらず角度が難しいです。ようこそ。こちらこそ宜しくお願いします。

f:id:hinatakokage:20151114054404j:plain


「アプリの許可管理」というアプリ?が動いていて、設定しました。

f:id:hinatakokage:20151114054615j:plain


前面パネルと液晶の間に若干空間があります。最近のスマホはこの空間がないものがありますね。今見たら所有しているiPad AIRも空間がありました。それと画面の解像度は1024×600画素との事ですが、近くで見るとドットが確認できます。これがYouTubeとかで動画を見るとそれ程気になりませんが、アイコンとかは普段使っているスマホ、XperiaZ3よりぼやけて見えます。

f:id:hinatakokage:20151114054837j:plain


視野角178度のIPS液晶との事で、「二人でも楽しめる」と公式サイトで書かれていますが、確かに横からでもしっかり見えます。逆に見られたくない方はプライバシーフィルムを貼った方が良いかも知れませんね。フィルムなども早速販売されているようです。amazonで複数確認できました。

f:id:hinatakokage:20151114061848j:plain


アイコン類。画像で画質を伝えるのって難しいですね。これくらい近づくと粗さが目立ちますが、普段使うくらいの距離で見るとそれ程気になりません。画質には期待できないなぁと思ってYouTubeを見てみた印象は、案外いけるやん!でした。

f:id:hinatakokage:20151114062938j:plain


えーっとここでスペシャルゲスト、うちの娘の登場です。6歳の子供でも楽に持てます。私なら片手でしっかり持てるサイズです。重量は約295gです。撮影時に写り込むので角度についてあれこれ注文つけてたら怒られました。というかもともと私が使ってるのを横取りしたのに・・・。娘が使い始めたのでこの日はアプリを使ってみる事はできませんでした。

f:id:hinatakokage:20151114063323j:plain


こんな感じで手に収まります。

f:id:hinatakokage:20151114063748j:plain

さいごに

使ってみた感じはこんな感じです。

どうでしょう?7,980円の価値はありそうですか?

次回以降、アプリや便利な使い方などを考えて試して行きます。

7,980円の元を取るにはどんな使い方が良いですかねー。

初回ロットは完売で、二次予約受付中との事です。

↓こちらから予約できます。アフィリエイト(広告)リンクじゃないです。
BLUEDOT STORE


※前回の記事を貼っておきます。こちらです。
BLUEDOTの7インチタブレット、BNT−71Wのモニターキャンペーンに当選しました! - 日なたと木陰