読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

追加のレンズを買いました。(2回目)

2つ目の追加レンズを購入しました。初めての購入までは時間がかかりましたが、2つ目を購入するのは早かった・・・。

先日からアドバイスを頂いたり、自分でも調べながらいろいろ考えまして、追加のレンズを購入する事にしました。アドバイスを下さった皆さん、貴重なアドバイスを頂き本当にありがとうございました。

これまでの経緯はこちらでご覧いただけます。

私がカメラとレンズを欲しがる理由 - 日なたと木陰

今の私に最適なカメラとレンズは?頂いたコメントを元に更に考えてみる。 - 日なたと木陰


いろいろ考えましたが、今回は単焦点レンズ、M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を購入しました。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を購入した理由

f:id:hinatakokage:20160221055554j:plain

もともと、カメラ本体を購入するのか、またレンズではズームレンズである「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を購入するのか半年くらい迷っていました。半年くらい迷っていた、と書きましたが振り返って記事を見てみると最初のレンズを購入したのが2015年10月でしたので、4ヵ月くらいしか経っていませんね(汗)。体感では半年くらい悩んでいるつもりでしたがそんなに悩んでなかったです・・・。盛ってしまってすいません。


結論から書きますと、今回は単焦点レンズを追加する事にしました。

理由と考えたことはこんな感じです。


・新しい本体は欲しいけど、そもそも今のカメラ(E-PL5)も使いこなしているとは言い難い

・もっと今のカメラを使いこなして、自分の腕を上げてから購入する

・今のカメラのスペックを調べると、改めて良いカメラだと認識。(軽さや機能、手ぶれ補正あり、マイクロフォーサーズ機の利点など)

・実際に店舗で触れてみて、フルサイズのミラーレス sonyのα7はレンズがかなり重く感じた。買うとすれば子供の手が離れて自分で純粋に撮影だけをするようになってから?

・EM-1は買えば幸せになれそうなカメラだった。但しプロでも使えるくらいの高機能なカメラなので、今の私にはオーバースペックに感じた。

・店舗で見てみて、逆に良いなと感じたのはcanonのEOS Kiss X7でした。軽くてダイヤルも初心者用に設計されていて使いやすそう。キャノンなので中古も含めレンズも豊富に揃っていて後も楽しそうです。ちょっと気持ちが揺らぐ。

・「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」は持っていると便利そう。ただレンズは大きいし重い。

・17mmか25mmか問題。(フルサイズ換算35mmか50mmか問題)

・ちょっと振り返る。そもそも室内で近距離や手元を撮影したいという目的があって、使い勝手の良いレンズが欲しかったんでした。カメラの撮影の練習をするにしても、F値も高くボケも出て、広角っぽくも使える、使い勝手の良さそうなM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を購入することに。パナのF1.4とも迷いましたが、規格は同じと言えども今回はメーカーを揃える事にしました。

・ズームレンズの使い方について、キットレンズでもっと練習する。動くのが面倒だからズームで調整するんじゃなく、取りたい画角が最初にあってズームを動かせるようにしたい。ズームレンズの購入はそれからだ。

・もしかしたら結局17mmを買う事になる可能性ある・・・。そうなるといよいよM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROはいらない?



・・・とこんな感じで考えました。



初めて買ったレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」もとても気に入っていますが、十分明るいレンズ(室内のような暗い場所でも十分撮影できるレンズ)なのですが室内で撮影するにはちょっと距離が取りづらいんです。

レンズには最短撮影距離というのがあって、その最低限その距離だけ離れないとシャッターが切れません。この距離がM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8では50cmと微妙に距離があって、子供と近い距離で遊んでいてそのまま撮る・・・例えばおままごとを一緒にしていてそのまま自分の見えている子供の姿や手元を撮影する、なんていう事ができません。

今回購入したレンズはそういった距離感はもちろんテーブルの上の料理を撮影するなどにもバッチリ使えます。

アドバイスを頂いたからというのもありますが、今回は本当にいろんな記事を読んで勉強になりました。

センサーサイズの違い、焦点距離、広角・標準・望遠、オリンパスのミラーレスの素晴らしさ、初心者が初心者モデルから使い始めることの重要性などなど・・・。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 レビュー

箱はこんなのです。

f:id:hinatakokage:20160221055554j:plain


レンズは意外とずっしり感があります。137gあるみたいです。45mmの方は116gでした。

f:id:hinatakokage:20160221060638j:plain


レンズフードも付いています。

f:id:hinatakokage:20160221062853j:plain


キットレンズとの比較。左がキットレンズ、右が25mm

f:id:hinatakokage:20160221060856j:plain


45mm F1.8との比較。同じく右が25mm。こうして見ると45mmの方が小振りですね。

f:id:hinatakokage:20160221061012j:plain


今回は鳥さんとエッフェル塔にスペシャルゲストにお越しいただきました。ボケの違いなどを見ていきます。

キットレンズだとこんな感じです。26mm F4.5で撮影しています。これでもそこそこボケています。

f:id:hinatakokage:20160221061233j:plain

こっちが25mm F1.8です。上の写真より背景がボケています。机の木目のボケも上と下とではかなり違います。

f:id:hinatakokage:20160221061419j:plain

これは45mm F1.8で撮影したものです。フルサイズ換算90mmの中望遠なので少し狭くなっています。25mmよりエッフェル塔の右川の空間が少なく写っています。

f:id:hinatakokage:20160221061633j:plain



続いて最短撮影距離の違いです。シャッターを切れるぎりぎりまで近づいています。これ以上はシャッターボタンを押しても撮影できません。


まずはキットレンズから。同じく26mm F4.5で撮影しています。結構寄れます。キットレンズも使い勝手が良いですよね。というか使い勝手が良いように作られているんでしょうね。ただキットレンズはそんなに明るいレンズじゃありませんのでこの鳥さんのように止まってくれていると撮影しやすいですが、動き回る子供を撮影すると結構ブレてボツになる写真が増えます。初心者でも明るいレンズを使うとボツ写真が少なくなる=失敗が少なくなる=良い写真が撮影できる確率が上がるって感じですね。

明るいレンズっていうのはF値が小さい値のもので、より多くの光をカメラ本体のセンサーまで届ける事ができるレンズです。

f:id:hinatakokage:20160221062207j:plain


25mm F1.8 これもここまで寄れます。

f:id:hinatakokage:20160221062412j:plain


そしてこれが45mm F1.8 ここまでしか寄れません。

f:id:hinatakokage:20160221062556j:plain

さいごに

f:id:hinatakokage:20160221062818j:plain


買ったばかりなのでこれでどんな写真が撮れるのかわかりませんが、できるだけ沢山撮って練習したいです。

何度もしつこいですが、アドバイス下さった皆さん本当にありがとうございましたm(__)m