日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

最近ゲームを楽しめなくなってきている

http://www.flickr.com/photos/35402601@N08/13989662733
photo by Leon Terra


私はゲームが大好きです。大切な事の多くはゲームから学びました。

ゲームって良いですよね。
何者でもない私のような人間でも、ゲームの中では何者にでもなることができました。神様、正義の味方、特殊部隊の一員、伝説の勇者、プロスポーツ選手、キノコで巨大化するおじさん、一揆を起こす農民・・・

ところがここ最近ゲームをゆっくり楽しめなくなってきています。仕事・プライベート共に忙しいというのもありますが、すっかり現実に目が向いてしまっていると言いますか、学生時代の試験前のようにゲームをしていても「こんなことしている場合じゃねぇ!」と変な焦りのようなものを感じるようになってしまっています。

振り返ってみると、投資について勉強を始めた事が原因になっているんじゃないかと感じています。

ある本によれば、手持ちの資金で株式に投資するだけが"投資"ではないそうです。

自分自身も投資の対象であり、自分自身へ投資をして成長することで生産性を高める、資格などを取ったり別のスキルを習得したりしてもっと給料稼げるようになるという方法もあるよ、ということのようです。自己投資ってやつですね。

私も今の暮らしにはそれなりに満足しているとはいえ、もっと給料欲しいとも思っています。そりゃあ、サラリーマンでもフリーランスでも経営者でも、より自分の価値を高めたい、もっと給料欲しい、所得増やしたいと思うのは当然の事ですよね。

もう一つ、レイ・ダリオ氏の「30分でわかる経済の仕組み」 の解説記事のこの部分。

例えば、借金をしてテレビを購入する場合は、借りを返済する所得は発生しません。でも借金をしてトラクターを買い、収穫量をふやし売上をふやせば、借金を返済できると同時に生活水準を向上できます。
引用元:レイダリオ氏30分でわかる経済の仕組み(世界一の資産家) - ログミー

以前はこういう発想って、フリーランスや経営者の方向けの話だと思っていました。

サラリーマンは仕事して、できるだけ大きな獲物をとって、家に帰ったらお酒を飲んでおいしい料理を食べてゆっくり休んで遊んだらええんや・・・みたいに考えていました。

でもこの2つを読んでから、ちょっと待てよ・・・と引っかかるものがありました。

サラリーマンであっても、稼いだお金を更に自分に投資すれば農場経営者がトラクター買うのと同じような効果があるのかも!と今更ながら気が付いたのでした。

それ以来、娯楽を娯楽として以前のように楽しめなくなってきている自分がいます。自分の残された時間を消費活動に使って良いのか?と。

ゲームをしたり、テレビをぼーっと見たりしていても何となく心ここにあらずで楽しめない。テレビをぼーっと見ている時にもひらめきとか気づきはあるはずなのに、なぜかもっと効率良くできることが他にあるんじゃないかと思って焦ってしまいます。唯一、子供と一緒にゲームをしたりテレビを見たりする時だけ純粋に楽しんでいる感じがします。

趣味を楽しみながら自分を成長させている方も多いと思いますがこの辺の配分とか考え方とかどのように折り合いをつけられているんでしょう?

一方で今は本を読むことは自己投資をしている感があり、実際の投資効果はともかくとして読書する時間は以前より増えています。結局読書も今の私にとっての娯楽であり消費活動なのかもしれませんが、今の私の感覚としては自己投資している感じがします。

経営者でゲーマーとか、投資家でゲーマーの方とか沢山いらっしゃると思うのですが皆さんどういうお考えなんでしょう?やっぱり消費活動を生産活動として取り組めるようにするってことなんでしょうか?それとも消費するだけの時間も重要なんですかね。

という訳でせっかくのゴールデンウイークなのでしばらく放置しているゲームを久しぶりに遊びたいと思います。




今週のお題「ゴールデンウィーク2016」


体験版をプレイしたら子供が興味を持ったのでこれを買えば「親子2代でFFプレイ」のトロフィーが解放されます。でも私がこんな状態なので予約はせずに価格が落ち着いてきてから中古で買おうか迷い中です。