読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

イヤイヤ期の子供を行動させたいくつかの成功例

Say No To The Paparazzo Redux

いつも拝見しているぴっきーさん(id:Pikky) のブログにこんな記事がありました。

papappato.hatenablog.com

特に依頼があった訳でもないのですが自分の娘がイヤイヤ期だった時のことを思い出しましたので書いてみます。子供といってもそれぞれ性格も違いますし、親も性格が違うと思いますのですべての家庭に役立つ攻略法と言うつもりはなく、あくまで我が家で成功した例ですので、ふーん、こんなやり方もあるのかーと軽く読み流して頂くと幸いです。

1.歯磨きイヤイヤ!の攻略法:バイキンマン法

私「さ、○子ちゃん歯磨きしようか?」

娘「イヤだ!」

・・・イヤイヤ期の歯磨きは大抵こんな感じのスタートでした。いやなものを無理やり引っ張っても逆に力が入ってお互いに負荷がかかってしまいます。そんな時、いっそのことバイキンマンで“歯磨きをして欲しくない側”になってみようとひらめいたのがこの方法の始まりです。

私「さ、○子ちゃん歯磨きしようか?」

娘「イヤだ!」

バイキンマン(私)「このお口の中に俺らの王国を作るから歯磨きしないでくれよな~!」

娘「???」

バイキンマン「歯磨きをされると俺たちが住めなくなってしまうから、もうずーっと歯磨きしないでくれよな!」

娘「だめー!いやだー!」

急に私「じゃあ、歯磨きする?」

娘「するー!」

バイキンマン「待て!待ってくれ!歯磨きはするなー!」

・・・歯磨き中・・・

バイキンマン「ああ、苦しい~・・・でもぐちゅぐちゅぺー(←うがいの事です)だけはしないでくれ!頼む!」

娘「www」「ぐちゅぐちゅぺー」(←明らかに攻撃を楽しんでる)

バイキンマン「こんなきれいなお口の中じゃ住めない~!覚えてろよ~!」

・・・とこんな感じです。デメリットとしては毎日バイキンマン歯磨きを要求されるようになることです。

2.なかなか服を着替えないイヤイヤ!の攻略法:ダチョウ倶楽部方式

なかなか服を着替えてくれない、これもよくあるイヤイヤでした。そこで私が注目したのは、子供は自分のものを取られるのを凄く嫌がるということです。おもちゃとか、子供同士で「これ私の~!」「これ僕の~!」とよく取り合いになったりします。それを逆手に取ったダチョウ倶楽部方式です。

私「さ、○子ちゃんお着換えしようか?」

娘「いやだー!」

私「じゃあ、その服パパが着ようかな」

娘「???」

・・・おもむろに子供服に着替え始める父親・・・

娘「それ○子のー!」

私「じゃ、着替えるの?」

娘「着替えるー!」

私と妻「どうぞどうぞ」

これのデメリットとしては娘が止めてくれないと実際に子供服を着ることになってしまう点と、毎回だと飽きるので違う方法、着替え競争など他の方法を織り交ぜないとダメな点です。

うん、これ攻略法じゃないな・・・。

3.トイレ行かない!の攻略法:強きものが多くを得るメソッド

私「さ、そろそろトイレ行っとこうか?」

娘「いやだー!まだ行きたくない!」

私「でも全然行ってないからおしっこ貯まってるんじゃない?」

娘「ぜんぜん貯まってない!」

私「じゃあ、先にトイレしたほうがお菓子1個多く食べるってことね、スタート!」

娘「ちょっとパパずるいー!」

・・・トイレへ・・・

娘「やったー勝ったー!」

私「くそー」

じょぼぼぼぼぼ・・・(めっちゃおしっこ貯まってるやないかーい!)※汚い話すいません。

とこんな感じです。報酬はお菓子だけじゃなく、ゲームを先にできる権利であったり、おもちゃを先に使える権利であったりいろいろ変更します。強い子供が多くを得る、これは自然界の法則ですので同時に自然界の法則を教えることができます。(←実際には毎回私が負けているので甘く見てしまい逆効果かもしれません。)

さいごに

子育てにこれ!という正解はないのかもしれませんが、休んだり、違う方法を試してみたり、あーでもないこーでもないと言いながらもぼちぼちやっていくしかないですよね。

あと私は子育ての終わりを想像することで今を大切にしたい気持ちになります。今たまたま昔見た記事が出てきましたのでご存じかもしれませんが最後にこれをご紹介します。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp