読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

娘が床矯正を頑張っているので床矯正の体験談を書きます。

子育て 暮らし

Cast for retainer. Just before braces removed.

私は自分の歯に関してかなり苦労してきました。

娘には同じ苦労をして欲しくありませんので床矯正をして貰う事にしました。

私は歯並びがあまり良くなく、それが原因で磨き残しが発生しやすく歯の状態が悪くなりやすいという問題を抱えています。私の歯の事は今回は置いておきますが、娘には同じ苦労をして欲しくないということで床矯正をして貰う事にしました。


ところで皆さんは「床矯正」ってご存知ですか?
私は知りませんでした。

私は専門ではありませんので以下の記事をご紹介します。(リンク先の歯科とは私は関係ありません。)私が書くまでもないかもしれませんが、ご興味を持たれた方はご自身でも色々調べてみて下さい。

hanoblog.com


今回の記事では、娘に床矯正をさせた立場として体験談を書きたいと思います。

娘の通っている歯医者さんから伺った話を元にまとめますと、床矯正とは「永久歯が生えてくる前に顎を一旦広げておいて、歯が生えるのに十分なスペースを空ける為の矯正」ということのようです。

床矯正を始めてから一年ちょっとが経過した今、娘の前歯はかなり隙間が空いており、歯と歯の間隔が広がっています。器具を外して一定期間経つと元に戻るそうです。

歯医者さんから説明を受けたこと

メリット

・歯並びが綺麗になる
・大きくなってからの矯正が不要になる
・抜歯の必要がない(大きくなってからの矯正は抜歯が必要なケースがある)
・気道や鼻腔が広がる場合もある

デメリット

・歯並びが綺麗にならない場合がある
・器具を外すことができないので、食事が制限されたり、自分で歯磨きすることが困難になる。(※外せる器具を使用する場合と固定器具を使用する場合があるようです。)
・矯正中は痛みが出る
・矯正器具のねじまきや子供の歯磨きサポートなど、親の協力が必要
・矯正中は歯と歯の隙間がかなり広がる。(歯医者さんから、驚かれると思いますが大丈夫ですのでと念を押されました。)

金額のこと

約40万円でした。
やり直し等が発生してもこれ以上の料金は発生しないとのこと。

開始時期と矯正期間について

娘の場合、6歳の頃から始めて8歳頃まで(2年くらい)で終了予定です。矯正の進み具合によって期間が延びることがあるようです。もともとの歯並びなどによっても期間は変わるのかも知れません。開始時期は年齢よりも歯の生え変わりの進み具合によるようです。

器具について

娘の場合、器具については固定器具です。
取り外せるマウスピースのようなタイプもあるようですが、取り外し可能なものだと子供が嫌がった時に親がかわいそうになってしまって器具を外す、その結果矯正が思うように進まなかったり失敗したりする場合があるそうです。そういった理由から娘の通っている歯医者さんでは、固定する器具を採用されています。

上下に器具が付いていてかなりかわいそうな状態になっています。顎を広げていきますので歯(歯茎)が痛むことがあるようです。矯正を始めた当初はお肉や麺類などの食べ物が器具に挟まって嘔吐する事がありました。うまく噛み切れず、飲み込むと器具に引っかかって喉の途中で止まってしまい、その結果嘔吐してしまうようでした。今はお肉はひき肉を使ったり、野菜は細かく切ってミネストローネやコンソメ野菜スープなどにして引っかからない、細かくて食べやすい物を妻が作ってくれています。娘も徐々に食べ方に慣れてきており、輪切りのバナナなど比較的大きな食べ物も食べられるようになって来ました。顎を鍛えるにはしっかりと固い物を食べた方が良いそうですが、今は無理です。給食でも上記の理由から食べる事ができないものがある事を先生にお伝えしています。

1ヵ月前くらいから(矯正開始から1年数ヶ月経過)歯を前方向に矯正するマスクのような器具を就寝時のみ装着するようになりましたが、これがまたかわいそうです。顔にマスクのような器具を着けているので、熟睡できていないのかよく魘されています。マスクと言っても口や鼻の部分は開いている下の画像のようなものです。

Orthodontic appliance, braces with head piece, late twentieth century.


歯磨きの苦労について

歯磨きの際も、親も子もかなり大変で、毎日器具の隙間にいろんな食べ物が詰まっています。晩ごはんを食べた後にお風呂に入り、シャワーで口の中を洗浄すると楽です。朝、昼は先日購入したドルツを使って洗浄しています。ほんと、ドルツを買ったおかげで5分くらいは時短になりました。毎日、歯ブラシと隙間ブラシ、ドルツ、100均のLEDライトを駆使して娘の歯を磨いております。

唾液や滑舌について

口の中に器具が入っているのと、歯の隙間が広がっている事が原因で、話していると唾液が垂れてしまったり、唾液が落ちそうになってすすってしまう事があります。また、滑舌が悪くなっています。授業での音読や受け答えが少ししづらいと思いますので学校の先生に念の為伝えています。

最後に

娘が「いつになったら終わるんだろ~・・・(>_<)」と言うのが口癖になっていて、とてもかわいそうです。ジャネーの法則に従って考えると娘にとっての2年は私が仮に40歳だとすれば換算すると11年くらいになります。(雑に計算してます)そう考えると果てしなく長い。子供にとっては大きな負担です。

・・・とこんな感じで家族で奮闘中です。

「無事終わったらごちそうを食べに行こう!」と励ましていますが、親から見ても矯正器具を着けているのは明らかに生活しづらそうで、将来の為とはいえかわいそうになってきます。こちらも歯磨きや食事、何かと大変なのですが一番大変なのは娘なんだからと自分に言い聞かせて頑張っています。

床矯正を検討されている方、お子さんの歯並びが悪いと感じられている方の参考になれば幸いです。