日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

子供が生まれてからのゲームの買い方の変化について

先日、今更ながらアンチャーテッドコレクションを買いました。ゲーム内容についての説明は公式サイトにお任せするとして、アンチャーテッドの過去3作品がリマスター収録されているお得なソフトです。

www.jp.playstation.com

発売当初からずっと価格の推移を見ていて・・・と言ってもディスプレイに張り付いて監視している訳ではなくKeepaという価格推移を見ることができるchromeの拡張を使って見ています。このツールは本当に便利で、例えば私の場合、このソフトが3000円以下になるとメールが来る設定にしていました。実際に3000円を切る価格の商品が出品されるとすぐに通知が来て自分の買いたい値段で買うことができます。この「自分で買いたい値段を考える」という作業が私には楽しいです。

・・・3000円を切ったら通知が来て買う、という筈だったのですが、実際の価格推移がこちらです。
この一年間の中古品の価格推移を見てみると安い時で4000円代、その後値段が上がって5000円くらいになっています。あまり価格変動がありません。

f:id:hinatakokage:20170112053552p:plain

ここで比較のためにファイナルファンタジー XVを見てみると順調に価格が下がっています。確か12月に5000円くらいになり、年が明けて4000円を切り出したように記憶しています。ちなみにファイナルファンタジー XVについては5000円を切れば買いたいと思っていましたが今はアンチャーテッドコレクションをプレイしていますのでまだ購入していません。

f:id:hinatakokage:20170112054208p:plain

アンチャーテッドコレクションの値段がなかなか下がらないので、お正月に娘のゲームソフトを買う目的で行ったゲオで少し安く売っていましたので購入しました。結局自分の決めた価格で購入しなかったのですが、お正月休みなので時間のある時に何か遊びたいと思ったからです。娘もゲームを購入しましたので、たまにはお互い好きなゲームをして過ごすのも良いかなと思いまして。

中古ゲームしか買わず、しかも安くなってからじゃないと買わないなんて、全国のゲーム愛好家の方からお叱りを受けそうな内容ですが、子供が生まれてから新作、新品のゲームを買うことは少なくなりました。

子供が生まれる前は欲しいゲームは予約しておいて発売日に入手し、食う間も寝る間も惜しんで遊び尽くし、終わったら売るという遊び方でした。自分も好きなゲームの売上本数の1本を担いたいという気持ちがありましたし、発売直後の盛り上がりを感じながらプレイするのも好きでした。

しかし子供が生まれるとこういったゲームの遊び方はできなくなり、ゲームの優先順位を下げざるを得ません。最初にできなくなったのはオンラインゲームです。オンラインゲームに参加しても子供のお世話で途中抜けしなければならないことになりますので、みんなで足並みそろえて遊ぶような遊び方はまずできなくなりました。

となると自然とシングルプレイが充実しているゲームを遊ぶようになります。ちょうどスカイリムが発売された時はかなりやり込みました。

発売日に購入しても1本のゲームを消化するのに時間がかかり、遊び終わる頃にはブームは過ぎ去ってしまっています。そういうことを何度か経験して、いっそのこと半年くらい待ってから買ったり、欲しいと思う値段まで下がったら買うというのはどうか?と考えて今に至ります。

最後に今中古ソフト購入する際に決めている基準をご紹介します。

欲しいソフトが・・・

・1000円未満なら即購入

・~3000円なら一旦頭を冷やして、それでも欲しければ買う

・新作のソフト・・・とりあえず半年待ってみる

※連休に入る、子供と一緒に遊べる、妻も欲しがっているソフトなど、他の購入動機がある場合は別途検討する。


中古ソフトを買い続けていると中古品の値動きについて色々気が付くことがありましたがそれはまた別の記事に書きたいと思います。