日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

「Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO Wi-Fiモデル」 を購入しました。8インチタブレットはちょうど良い大きさ。

我が家ではタブレットはiPad、amazonのkindle fire HD7、2015年11月にモニターキャンペーンに当選して提供頂いたBLUEDOTのBNT−71W(その時に書いた記事はこちらです。)を所有しています。

それぞれの用途ですがiPadはメールのチェックや調べもの、娘がマインクラフトやアプリで遊んだりしています。子供が使用する際にはアプリ等の機能制限をかけて使っています。

kindle fire HD7は多くの方とおそらく同じで、プライムデーでかなり安かったので気が付くとポチってた流れです。プライム会員の特典であるkindle本月一冊無料やプライムビデオ視聴のために購入しましたがあまり使っていません。たまに映画を見るくらいです。画面はきれいでスピーカーの音も良いのですが、動作がもっさりしている(と感じる)のであまり使っていません。

BLUEDOTのBNT−71Wは無料で頂いたのですが、販売価格も7,980円と当時の7インチタブレットとしては購入しやすいお値段でした。このタブレットは気にせずガンガン使えるので気に入っていました。海や山に持って行ったり、お風呂でYouTubeを聞いたり(BNT−71Wは防水ではありません。念のため)と、いつ壊れてもOKと割り切って使えるのでとても気に入っていましたが、2年くらい使わせて頂いたのでそろそろ良いかなと。

という訳で今回Huawei(ファーウェイ)のMediaPad T2 8.0 PRO Wi-Fiモデルを購入したのは、お手軽に使えるタブレットを更新するためです。iPadはお値段もそこそこしますので防水ケースに入れるとはいえ毎日お風呂で使ったりするのは気になります。また、現在使っているスマホはiPadよりも更に高価ですのでこちらもお風呂では使いたくないんですよね。(壊れた時のリスクが大きすぎる)

また、画面サイズ的にも8インチというのは自宅やお風呂で使うのにちょうど良い大きさで、スマホより大画面で、9.7インチのiPadほど大袈裟じゃなく、ほいほいと片手で持ててどこでも気軽に使えます。

今回私はMediaPad T2 を16,000円台で購入しました。決して安くはないのですがkindle fire HD7やBNT−71Wなどの低価格帯より少し上のものを選んでみました。私の金銭感覚で、気軽に使えるぎりぎりの値段です。(娘には落とさないでねって早速言ってしまったので気軽に使えていない説)

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO Wi-Fiモデルレビュー

箱。だから何だと言われるかもしれませんが、水色の箱は意外でした。白だと思い込んでいたので梱包開けたとき意表を突かれました。
f:id:hinatakokage:20171012033823j:plain

箱を開けるとこんな感じです。薄々気づいていましたがapple製品を意識しているようなデザイン。他のメーカーでもよくあります。
f:id:hinatakokage:20171012034132j:plain

こういうのとか。
f:id:hinatakokage:20171012034327j:plain

今使っているスマホ、Xperia XZとの大きさ比較です。5.2インチと8インチ。
f:id:hinatakokage:20171012034344j:plain

本体の下に付属品が入っています。
f:id:hinatakokage:20171012034735j:plain

充電アダプターとmicroUSBケーブル、保証書にクイックガイドが付属しています。
f:id:hinatakokage:20171012034758j:plain

製品は安価なタブレットとは思えないくらい高級感があります。下の写真はレビューや口コミ等で賛否ある金色っぽい箇所。白とシルバーで統一してよーって思う人の気持ちもわかります。私は許容できますが、気になる人は気になると思います。
f:id:hinatakokage:20171012034921j:plain

電源入れました。
f:id:hinatakokage:20171012035752j:plain

ファーウェイのロゴ。中国メーカーの製品を買うのは初めてかもしれません。(中国製の製品はもう沢山生活の中に溢れていますけどね)
f:id:hinatakokage:20171012035851j:plain

ディスプレイを最初見たときはめっちゃ綺麗!って思いましたが、確かに綺麗なんですけど深夜にディスプレイを見ると色が鮮やか過ぎて目がちょっとしんどいです。深夜・早朝に見る鮮やかさじゃない。彩度が高いような感じがします。長時間見るかもしれないディスプレイなのでもう少しナチュラルな方が好みです。この辺は好みなんですけどね。
f:id:hinatakokage:20171012040107j:plain

公式サイトにも

ファーウェイ独自の画像最適化技術「ClariVu」を搭載。 自動色調整で色域が最大20%拡大*し、より鮮やかに。
公式サイトより引用・引用元:MediaPad T2 8 Pro | PC & タブレット | ファーウェイ・グローバル

とあります。

Wi-Fiを繋げるとアプリの更新が始まりました。ファーウェイの製品の多くはEMUIという独自のインターフェイスが採用されていて、使い勝手が多少異なります。
f:id:hinatakokage:20171012041417j:plain

背面は樹脂製です。価格相応だと思います。

f:id:hinatakokage:20171014032736j:plain

f:id:hinatakokage:20171014034010j:plain

上側はイヤホン端子のみ。

f:id:hinatakokage:20171014034421j:plain

右側面は電源・ボリューム・microSDスロットがあります。

f:id:hinatakokage:20171014035208j:plain

下側はmicroUSB端子。

f:id:hinatakokage:20171014035243j:plain

左側面は何もないので割愛します。

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO Wi-Fiモデル スペック

スペックはこんな感じです。

OS Android 6.0
CPU オクタコア MSM8939 1.5GHz+1.2GHz
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
カードスロット microSD
端子 microUSB
バッテリー 4800mAh
マイク あり
GPS あり
ディスプレイ 約8.0インチ(1920×1200ドット)IPS screen
Bluetooth 4.1
カメラ性能 前面 200 万画素 背面 800 万画素
重量 340 g

使ってみた感想

オクタコアのCPU搭載で、オクタコアってどうなん?と思っていましたが動作はXperiaXZに慣れていると若干のもたつきを感じます。(そりゃあそうだ)・・・がこのお値段でこのスペック、十分です。一番の目的だったお風呂でyoutubeも快適に視聴できています。(念のためもう一度、このモデルは防水ではありません。)

8インチはちょうどいいサイズです。片手に収まり、スマホよりも大きい画面。やはり画面が大きいのはそれだけ表示できる情報量が多いので便利です。かといって10インチに近づいてくるとお手軽に扱うことができません。

気軽にどこにでも持って行ってガンガン使いたいと思います。





お風呂に持って入る時に防水ケースに入れると本体からの音が籠ってしまいますので防水のスピーカーを接続して聞いています。

hinatakokage.hatenablog.com