日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

今週のお題が「体調管理」なので、風邪の対策こうしてますという話題

お正月休みが明け、仕事や学校が始まり、更に寒くなって体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?

私はお正月休みの暴飲暴食で内蔵の疲れを感じております。若い頃と同じように食べているとダメだなと気が付いた今日この頃です。

さて、今週のお題が「体調管理」ということなので私がこうしてますというのをご紹介したいと思います。「体調管理」というと範囲が広いですが主に風邪の対策です。

どれも基本的なことです。

毎日していること

・帰宅後の手洗い・うがい(15秒)
・鼻をかむ
・天気予報で今日の気温を見てから着る服を決める
・暑いと感じたら脱いだり、寒いと感じる前に着込む(※大事なのは、寒いと感じないようにすること。寒いと感じた時には遅い場合がある)
・冷房・暖房を節約するよりも体調を優先する
・水分補給
・マスク着用(通勤・仕事中・寝るときも)
・寝室に加湿器
・できるだけ7時間以上の睡眠

うがいは15秒、水またはぬるま湯でしています。15秒というのはどこかで読んだような気がしますが今エビデンスはありません。うがい薬は使いすぎるとあまり良くないと聞いたことがあるので水でしてます。また、寒いと感じたらすでに風邪を引いてしまっていたという経験が何度もありました。ここ最近は寒いと感じないように気を付けるようにしています。ちなみに今どのくらい着込んでいるかというとTシャツ・ロンT・フリースの上にボアスウェットパーカー、下もボアスウェットパンツで更に毛布のようなひざかけにくるまっています。家の中を移動する時はグンゼの暖かいルームシューズを履いています。もともと冷暖房はもったいないからあまり使わずに着込むタイプなのですがそれで体調を崩しては元も子もないので最近は以前より冷暖房を使うようにしています。私はのどが弱いのか冬場にすぐ喉が痛くなってしまいますので保湿効果を期待してマスクをできるだけ着用しています。寝るときもマスクをしていますが寝ている間に外れてしまうこともありますので寝室には加湿器を置いています。あと、睡眠時間は私には7時間が必要なようで、7時間を切ってくると体調が悪くなりがちです。これは人によって違うと思いますが、私がこれに気が付いたのはブログを書き始めてからです。もともと、このブログは娘が寝ている間(育児の合間に)に何かお金のかからない趣味をと思って始めましたが、ブログを書き始めた頃よく夜更かしをしていていて3時間とか日によっては1時間とかしか寝ずにそのまま仕事に行ったりしていました。ある日体調を崩してしまい、そこから気を付けていますが私の場合7時間くらい寝ていると体調が悪化しません。

風邪の引きはじめにしていること

ここまで毎日対策していても、のどが痛くなったりすることがあります。私のパターンは、最初に鼻の奥やのどが少し痛くなって、その原因が乾燥している場合と風邪の場合があります。乾燥している場合はすぐに痛みが治まりますが風邪の場合は痛みが増していき、他の症状が出始めます。

ここからが重要で、今まではのどが痛くなった時に(う~ん、風邪かな?乾燥かな?どっちだろう?)と思いつつ様子見しておりました。それで風邪の症状が出始めて(やっぱり風だったんだ・・・)となり仕事を休んだり予定をキャンセルすることがありました。

最近はこのタイミングで市販の風邪薬を飲むことにしています。早めのなんとやらです。単に乾燥しているだけなら飲む必要はないのですが、ここまで対策していてのどが痛くなるならもうそれは風邪だろうという自己判断です。

後はちゃんと食べて、水分取って早く寝る。これにつきます。

それでもダメなら病院へ

早めに対策すると翌日には良くなっていることが多いですが、それでも改善しなければ病院へ行きます。

大切なのは自分を知ることと、自分にとって規則正しい生活をすること

結論はこれです。自分の体のことを知ること(知ろうとすること)と、規則正しい生活をすることです。
昔から言われていることで特に目新しさはありませんが、王道こそ最大の近道ってことかもしれません。


今週のお題「体調管理」