日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

タブレット型通信教育「スマイルゼミ」を1年間使ってみた感想。タブレット学習のメリット・デメリットなど

2017年の5月から、子供の勉強のためタブレット型通信教育「スマイルゼミ」を契約し現在も利用中です。

娘が小学校2年生になってから、小学校の勉強の内容も段々と難しくなってきたので何か追加の学習をしてもらいたいということで利用してます。

ちょうど新学期も近いですし、今回は、1年くらいスマイルゼミを使ってきた感想を書きたいと思います。

f:id:hinatakokage:20180310155430j:plain

通信教育を契約することにした理由

うちの娘も小学2年生になり、周囲で公文や通信学習などを利用する人が増えてきたことと、1年生と比較して学校の勉強も徐々に難しくなっており、理解を深めるためです。

スマイルゼミとは?

タブレット型の通信学習教材です。

公式の動画がありますので貼っておきます。


料金は?

受講する内容によって違いますが、我が家の場合はこんな感じです。

標準クラス 月額 3,780円(税込 4,082円)

タブレット代 9,980円(一括払い)

詳細は公式サイトでシミュレーションすることができます。

公式サイト:
会費のご案内|タブレットで学ぶ小学生向け通信教育「スマイルゼミ」

スマイルゼミを選んだ理由

通信学習の比較サイトを見て特徴を調べ、うちの娘の性格を見て決めました。

スマイルゼミを選んだ理由は以下の通りです。

・学校の宿題がプリント(紙)なのに対しタブレット型学習なので、ゲームっぽさがあって気分転換になっていいかなと期待して。

・他の習い事との兼ね合いもあり、塾や学習教室などに通わなくても隙間時間でできるのが良さそうだと思ったから。

・タブレット型学習のメリットを享受できそうだと感じた。(アニメーションや効果音など紙ではできない表現や、すぐに採点して貰えるなど学習の効率化が図れそう)

・いずれタブレットやスマホを持つようになるので、「自分専用の」デジタルデバイスを持たせてみるのにちょうど良さそうだと感じた。(子供が使うこと前提に作られているタブレットなので安心)

・「マイキャラ」というアバターを作成できて、コスチュームチェンジなどカスタマイズができる(うちの娘はリカちゃんやスマホアプリでも着替えさせたりメイクしたりするのが好き)

・勉強すればポイント(スター)が貰えて、スターとアイテムを交換したり、ゲームをしたりする仕組みがあるので、アイテム欲しさやゲームやりたさのインセンティブが働き勉強しそうな感じがした。

実際に使ってみた感想

2017年の3月から本記事執筆時点の2018年3月までの1年間使用していますが、娘は飽きる月もあったりムラはあるものの今のところ続いていますので今後も続ける予定です。通信講座を契約しても放置してしまって続かないこともありますがスマイルゼミの見守りアプリで親が学習の進み具合を確認できるので子供の学習を見守り、促すことができます。

良かった点

・期待していたアイテム収集やゲームで遊ぶなどのインセンティブがうまく働いており、楽しみながら勉強している。

・「みまもるトーク」という親子間のLINEのようなメッセージアプリがあり、私・妻・子供でスマイルゼミの学習を通じたコミュニケーションをとることができる。←これが一番良い!

・「〇月のすごいキミ!」という表彰システムがあり、勉強を頑張れば表彰して貰える。ブロンズ、シルバー、プラチナなどランク分けもあって、モチベーションがあがる。

・「みまもるネット」という保護者専用のサイトで学習状況を確認できるようになっている。うちの子の場合、一時期モチベーションが下がった時期がありましたが、みまもるトークで励ましたり(←同じ場所にいてもあえてメッセージやスタンプのやりとりをしてみたり)、みまもるネットで学習状況を見ておいてあと少しでクリアだから頑張って!と励ましたりしました。うちの子の場合、「親に見守られている」というのがモチベーションアップに繋がったようでした。

・英語や国語など、発音や音読が必要なシーンでも実際にお手本(ナレーション)が流れるのがとても良い!

・すぐに採点結果がわかるので、レスポンスが良い。学習効率が良い。


悪かった点(うちの子に合わなかった点)

・漢字の書き取りが難しいというかクセがある。タブレットの画面に専用のペンで字を書くので滑ったりしてうまく書けないようでした。(大人でも慣れてないとタブレットに手書きで文字書くと字が震えたりしますよね、あんな感じです。)うちの子はお習字にも通っていて字を書くことにはそれなりに自信があるようで、スマイルゼミの漢字書き取りで0点を連発して悔し泣きしていました。本人の感情が落ち着いてから字の綺麗さは関係なく、コンピューターはお手本どおりに書けているかどうかを判断してるんだよと説明してお手本どおりの字を書くと高得点が取れることを理解したようで、実際に高得点を取れるようになりましたが、納得させるのに苦労しました。

・飽きる時期がある・親が見守っていないとだんだんやらなくなる。これはスマイルゼミの悪い点というよりうちの子の話なんですけど、モチベーションに波があるということです。理想は子供が自分でモチベーションコントロールできるようになることですが、なかなか難しく現状では親がモチベーションを上げるお手伝いをしています。まぁ、大人でもモチベーションには波がありますからねー。

実際の画面はこんな感じです

起動するとこんな感じです。カレンダーが表示され、左に教科ごとのメニュー、下にニュースやトークなどその他のアプリのメニューが並んでいます。子供でも扱いやすいメニュー画面だと思います。
f:id:hinatakokage:20180310155629j:plain


画像が汚くてすいません。教科ごとのメニューはこんな感じです。終わった講座には「がくしゅうずみ」マークが付くのでわかりやすいです。
f:id:hinatakokage:20180310155542j:plain

また、受講にはインターネット接続とWi-Fi(無線でのインターネット接続)環境が必要です。こんな感じで起動時にニュースや新しい講座などを受信します。外出の際には「おでかけモード」を使用すればすでにダウンロードしている講座などはオフラインでも使用することができます。
f:id:hinatakokage:20180310160248j:plain

お、ママからのメッセージが届いています。今のご時世、子供のインターネットやSNS利用は避けられないと思いますのでこういった家族内だけのトークアプリで慣れながら書いていいことと悪いことなど、少しづつ伝えるのも良いのかなと思っています。
f:id:hinatakokage:20180310160741j:plain

親の方はPCでもスマホでもトークアプリを使用することができます。私も仕事の合間などに、娘に返信しています。最初は実際に私とトークできていることを理解していないようでしたが、最近はよく会話するようになりました。
f:id:hinatakokage:20180310161029p:plain

娘が大好きなアバター作成。着せ替えをしたり名前をころころ変えたりしています。
f:id:hinatakokage:20180310161302j:plain

コレクション好きなお子さんはこういうのもモチベーションアップにつながりそうです。講座をクリアすると時々カードが貰えて、レアカードなどが出ることもあるようです。(ちなみにカードの内容も知識を深めるようなものが多いです。)
f:id:hinatakokage:20180310161711j:plain

がんばった月は表彰されることもあります。オンラインでランキングを見ることもできますので、競うのが好きなお子さんには良いかも知れません。
f:id:hinatakokage:20180310163135p:plain

タッチペンはこんな感じです。ペン先の反対側(シャーペンでカチカチする部分)で画面をこすると消しゴムのように文字を消せるので便利です。上にも書きましたがタッチペンでタブレットに綺麗に文字を書くのには少し慣れが必要です。娘も感じの書き取りには苦労していました。
f:id:hinatakokage:20180310163148j:plain

「みまもるネット」という親専用のページがあります。スマホアプリやPCのブラウザで閲覧できます。下の画像はPC版の画面です。ここでは子供の学習の進捗を見たりできます。
f:id:hinatakokage:20180310163334p:plain

勉強をすればスターが貰えます。スターはアバターの着せ替えの服を手に入れたりゲームアプリで遊んだりするのに使用します。
f:id:hinatakokage:20180310163451p:plain

下の画像、1日の平均学習時間がえらいことになっていますが何かの間違いだと思います。点けっぱなしになっていたのかもしれません。
f:id:hinatakokage:20180310163952p:plain

さいごに

こんな感じで我が家はタブレット学習、スマイルゼミを選びましたが子供の性格にあった教材、学習方法を選ぶのが正解かなと思います。あと土・日に子供が勉強している時は私も一緒に自分の勉強をするようにしています。大人は勉強しなくてずるい!って言われなくて済みますし、私も勉強のモチベーションがなかなか上がらない方ですので一石二鳥です。

長々と書きましたがこの記事がスマイルゼミを検討されている方の参考になれば幸いです。

↓スマイルゼミ公式サイト
スマイルゼミ