日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

ここ最近のこと

大阪府北部地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。また、被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

私も同じくらいの年の子供がいるのでお子さんが亡くなるということには本当に心が痛みます。

例の小学校のブロック塀ですが、私の周囲でも同じようなブロック塀をよく見かけます。娘の通う小学校からも検査の結果問題ありませんとのメールが来ましたが、心配です。

今回の地震も怖かったですが、個人的には阪神淡路大震災の時と比べると揺れの時間が短かった分まだましでした。(当然、震源との位置関係などあると思いますので、あくまで私個人の感想です。)

当日は交通機関も遅延したり止まっていたりして会社としては無理に通勤しなくてよいという指示が出まして、結局自宅待機にしました。

これを機にもう一度家族で家の中の危険な場所と安全な場所について話合って、家具のストッパーや防災グッズ、水や食料のストックをもう少し増やすことにしました。

ほぼ見かけ上は平常運転に戻っていますが、余震で揺れたりすると阪神淡路大震災のことを思い出して(またあの揺れが来るんじゃないか)と体が緊張し、鼓動が早まります。

といっても地震も怖いですが、毎日交通事故に合う確率もそれ以上に恐れても良いはずなのに毎日道路を歩いているのですから、前向きに生きていくためにはある程度は死ぬときは死ぬんだというような割り切りも必要なのかなと思います。

あと、やっぱり日頃からやりたいことでハードルが高くないものならどんどんやっておいた方が良いと改めて思いました。おいしいもの食べるとか、欲しいゲーム買うとか、どこか行きたいとか。