日なたと木陰

木陰で立ち止まって一休み。ちょっと考えることや、どーでもいいことなど

子供が変な咳してる!もしかしてそれ風邪じゃなくて「クループ」じゃありませんか?

http://www.flickr.com/photos/96603394@N00/2407328266
photo by NapInterrupted


先日より娘が体調を崩しておりましたが耳鼻科に行くと、クループと診断されました。

私のようにクループって何?という方もいらっしゃるのではと思いましたので記事にしておきます。

※注:この記事は私個人の体験を元に書かれています。
私は医療従事者ではありませんので専門的知識はありません。
この記事は皆さんに認識をして頂く為に書いていますが、この記事によって引き起こされるいかなる損害の責任を私は負えません。
あくまでも参考としてお読み頂き、ご自身で判断されず必ず病院で診断を受けて下さい。
ご理解の程宜しくお願い致します。

では本題です。

(体験記はいいのでどんな病気なのかだけを知りたい方は、記事の下部まで進んで下さい。)

体調の異変

夕食時に娘が「寒い」と言い始める
室温はそれほど低く無く、私と妻は暑いくらいだったので、熱があるのかな?と疑う。
熱を計ると38.3度あった。

2日目

耳鼻科に行く。
普段風邪を引いた時と同じ薬を処方して貰う。

2日目夜

早めに寝かせるが、深夜に変な咳(たんが絡んだようなゴロゴロした咳)をして娘が目覚める。
「苦しい~息ができない!」と言って泣く。その間も変な咳をしている。
これを1時間置きくらいに何度も繰り返し、家族全員ほとんど眠れず。
子供が苦しそうにしているのはほんと辛い・・・。

3日目

娘の声がガラガラ声に。起きている時も変な咳をしている。
のどが痛いらしく食事もあまりできず。
症状の改善が見られないので再度耳鼻科へ。
ここで「クループ」との診断、別の薬を処方して貰う。
また、「ここ(喉の下部)より下になると小児科の範囲になりますので、今回の薬でも症状の改善が見られなければ小児科へ行ってください」との指示を受ける。

4日目

薬を変えたのが良かったのか少し良くなる。
喉がゴロゴロ鳴っていたが夜中に目覚める事はなくなった。
また、食欲は普段通りに戻った。
元気になり、私と体を動かす遊びをしようとするが静かな遊びをするように言う。

5日目

声がほとんど元に戻る。
表情からも疲れが消え、元気そうだ。
寝ている時の喉のゴロゴロも消え、咳もしない。
起きている時にたまにゴホゴホとした咳をしている。
もう大丈夫かな?
連日の看病のストレスからか私に複数の口内炎ができる。→NOW!
(私の話はどうでもいい)

クループって何?

クループ症候群とは、声を出すための声帯やノドが、ウイルスや細菌に感染し、気道の粘膜が腫れてしまう病気。

症状は突然出てきますが、一度聞くと忘れられない咳が特徴です。症状が出てくるのは夜が多いです。
突然、呼吸困難(呼吸がしにくくなる)ケンケン、コンコンと言った乾いた咳、犬吠様(けんばいよう)咳…名前の通り、犬の遠吠えのような咳、オッセイのような咳、嗄声(声がかれる)、時に発熱が見られます。

引用元:

クループ症候群の症状・治療・予防 [子供の病気] All Aboutクループ症候群の症状・治療・予防 [子供の病気] All About

参考:


        クループ: 新生児,乳児,幼児における呼吸器疾患: メルクマニュアル18版 日本語版
クループ: 新生児,乳児,幼児における呼吸器疾患: メルクマニュアル18版 日本語版

最後に

症状が夜に出る、呼吸困難、オットセイのような咳、発熱、まさにこの通りの症状でした。

google検索結果に「クループで亡くなりました」との掲示板がヒットし、血の気が引きました。
こちらも貼っておきます。クループで亡くなりました


子供が突然苦しい!といってゼイゼイ言い出すとほんと恐ろしいです。しかも何度も目が覚めるなんてよほど辛かったのでしょう。

最も重要なのは子供は症状を上手く伝えられませんので親がよく観察し、お医者さんへ通訳するという事かなと思っています。
我が家では症状を観察し、ネット等で調べて病気の目星を自分なりに付けておいてから病院へ行って確認する、という流れにしています。
自分の予想と違った診断が出た際には帰ってからその病気について調べています。
以前に一度誤診を体験したのでそれ以来このようにしています。
(誤診と書きましたがお医者さんが常に悪いという訳ではなく、コミュニケーション不足や上手く症状を伝えられず正しい診断ができない場合もあると思います。正しく伝える為にはこちらにも知識が必要かと思います。)


みなさんもお大事になさって下さい。


他にはこんな事もありました。

注意!ウイルス性胃腸炎で家族全滅した時の話 - 日なたと木陰